ヒナゲシオニゲシ (ケシ科)

麻薬のイメージを持たれることが多いケシですが、ヒナゲシやオニゲシは、アヘンアルカロイドを含んでいないので自由に栽培できます。
ヒナゲシは、全体にナガミヒナゲシより大きく、葉は羽状に切れ込み、葉や茎には毛が多く生えています。 蕾は、繊毛のある2枚のガクに覆われて、花茎を湾曲させて下を向きます。開花前に茎は蕾を持ち上げ、花は上向きに咲きます。 花径は 6〜9cm、花弁は4枚あって、薄い紙細工のような形をしています。ガクは早く落ちて開花時には残っていません。過去に、ヨーロッパでは鎮咳に利用したこともあるそうです。

ヒナゲシの別名 虞美人草(グビジンソウ)には、次のような伝説があります。
中国・秦の時代、戦いに敗れた項羽に殉じた虞姫。彼女を埋葬した場所から、翌年美しい花が咲いた。 虞姫の生まれ変わりだとして人々はその花を虞美人草と呼んだということです。
ストーリーに多少の違いがあるは、時代が要求する形に変化したためとみられています。
種小名 rhoeas は、花の色が
ザクロ roia と同じであるとして
ヒナゲシ Papaver rhoeas L.
撮影・東京都薬用植物園

花後のケシ坊主

オニゲシは、 ヒナゲシより大きく全体に粗毛が生えています。鬼の名を避けてか、オリエンタル・ポピーの名前で流通しています。 花が大きく色鮮やかなため、観賞用に栽培され、園芸品種も多く創出されています。 似ているものに、アヘンアルカロイドを含むハカマオニゲシがあります。 見分けることがやや難しく、以前、園芸店で誤って販売したというケースもありました。
種小名 orientaie は、東方の、東部の(ヨーロッパから見て東の中近東方面)の意味。

見分け : オニゲシは苞葉のない品種が多く、その有無により見分ける。ただ苞葉をもつ種もあり混乱する。

2012.03.10.New-201501.05Re
オニゲシ 撮影・東京都薬用植物園
Papaver orientale L.品種:ブリリアント
このページのトップへ