ホホバ ( ツゲ科 / ホホバ科 )

ホホバ ホホバオイル 用途:化粧品等製造原料

ホホバは、樹高2m程度の常緑低木です。 メキシコ北部からアメリカ南西部のカリフォルニアやアリゾナにかけての乾燥地帯に自生しています。種小名には、中国の、中国産を意味する chinensis とついていますが、前記の地域が原産です。

葉の質は厚く、長さ4cm程度の長楕円形、全縁で先端は尖らず対生します。裏表ともに短い繊毛が密生するため、ロウを塗ったような青緑色にみえます。 幹はよく枝分かれし、若い枝にも短毛が密生し、緩い弧を描いて斜上します。

雌雄異株。春、葉腋に花弁のない雄しべ又は雌しべだけの目立たない花をつけます。 果実はドングリのような形で、普通、1個の種子が入り、熟すと果皮が裂開して、種子を落とします。種子は黒褐色の種皮に被われて硬く、長径方向に窪みのある楕円体をしています。

種子から得られるホホバオイルは、酸化されにくく保存性に優れています。入手のできなくなった鯨油に替わる液状ワックスとして重要視されています。
ホホバオイルの注目される点は、優れた保湿効果があることで、また人の皮脂に近い組成ともいわれています。アメリカ先住民が、乾燥から頭髪や皮膚を保護するために利用していたことでも知られています。
ホホバ Simmondsia chinensis Schneider.
ホホバオイルは、多くのスキンケア化粧品などに配合される他、アロマテラピーで精油のキャリアオイルや、工業用油脂の原材料として利用されています。
ホホバの種子は、リスやウサギ、大型の鳥類など、多くの動物に食べられています。英語の別名には、goat nut (ヤギナッツ)、deer nut (鹿ナッツ)、pignut (ヒッコリーの木)などがあります。 難消化性であることから、多くの哺乳類にとっては、大量の摂取は毒性があり、ヒトの場合は下剤としての作用を示します。
属名 Simmondsia は、人名由来。

 ホホバは、新エングラーではツゲ科に分類されていたが、APGでは、ホホバ一属一種でホホバ科が新設された。

2005.07.New-2016.03Re
雄花 : 雌花

撮影:つくば実験植物園、他
このページのトップへ