フクジュソウ キンポウゲ科

フクジュソウ 生薬名: * * * 有毒 用途:観賞用
画像は、基原が確認できないため、広義のフクジュソウとしての掲載です。

フクジュソウ福寿草 は、日本では北海道〜九州の林床にある多年草で、スプリング・エフェメラル(春植物)のひとつです。 一時期は絶滅危惧種の扱いを受けたこともあります。

早春に、鱗片葉(りんぺんよう)に包まれた短い新芽の先に黄色の花を開きます。花は径3〜4cmほど、数枚の緑褐色のガク片と20〜30枚の黄色の花弁、多数の雄しべと雌しべから構成されます。 花弁は、昼間開き、曇りのときや夜は閉じます。開いている花は、花弁が太陽の熱を花の中心に集め、陽だまりの暖かさで虫を呼び込みます。 茎が伸びだすと葉が展開します。葉は互生し、3出羽状複葉、小葉はさらに細かく裂けます。果実(痩果)は頭状に集まってつき、球形になります。

ちょうど旧暦の正月ころに咲くことから、おめでたい花として人気があり、園芸品種も多く産出されました。 この習慣が現在に引き継がれ、年末には開花調整された鉢植えが多く出回っています。 耐寒性はありますが、乾燥や暑さには弱いため、半日陰の少し湿った土での栽培管理が適当です。

根に強心配糖体を含み強心、利尿( 劇薬 )の効果がありますが、全草に作用の激しい成分のシマリンやアドニトキシンなどを含むため、生薬としての使用は厳禁です。 中毒症状は、おう吐、呼吸困難から心臓麻痺に至ります。新芽をフキノトウと間違えて食べたため中毒を起こし、重症な例では死亡事故も起きています。 フキノトウとフクジュソウの見分け方は、まずフクジュソウの鱗片葉は艶があり、先端が筆のようにやや尖がる点が挙げられます。 次に、中には、葉や褐色のガクに包まれた蕾が入っています。フキノトウは、艶はなく苞を少し開いてみるときれいな緑色の蕾が見えるので違いを確認できます。

属名 Adonis は、ギリシャ神話に出てくる青年の名に由来し、ヨーロッパの本属の赤い花を Adonis の血に例えてつけたとされます。 種小名 amurensis は、アムール川流域の。シノニムの ramosa は、枝分かれした、枝のあるの意味。別名 ガンジツソウ(元日草)。

 赤い花 : ヨーロッパやアフリカ産のAdonis 属には、赤い花弁の種がある。
例) Adonis aestivalis L. ナツザキフクジュソウ /  Adonis autumnalis L. など


参照 芽吹きのハシリドコロとフキノトウの違い

2005.01.New-2013.01.-2015.01.Re
 フクジュソウ Adonis amurensis  syn.Adonis romasa 撮影・東京都多摩地区
このページのトップへ↑