ホザキノイカリソウ イカリソウ キバナイカリソウ トキワイカリソウ メギ科

ホザキノイカリソウ  / イカリソウ
キバナイカリソウ / トキワイカリソウ
生薬名:淫羊霍(インヨウカク) [ 局 ]

 霍(カク)は、正しくは草冠がつく
用途:薬用酒など
イカリソウの仲間は、おしべを囲む4つの花弁が長い距をつくり、四方に突き出すという特徴ある形になっています。 名前は、花の形が船の錨に似ていることからつけられています。多年草で、花期は春。まだ他の草が伸びだす前の明るい林床などで花を咲かせます。 花の色は、種類によって赤紫や、白、淡いクリーム色などがあり、園芸用の草花としても人気があります。
葉は、普通、1本の茎が3つに分岐し、その先に3小葉をつけます。ここから三枝九葉草(さんしくようそう)の別名もあります。小葉は広卵形、うち側葉は非対称、葉縁の鋸歯は先が繊毛状に細く尖ります。 種子には、蟻が好む成分のエライオソーム(種枕)があり、蟻に種子を運ばせて播種を手伝わせます。
中国産の ホザキノイカリソウ 穂咲碇草は、淫羊霍の基原植物です。 イカリソウなどと比較すると花は小さく見栄えがしませんが、葉も草丈も大きくなります。種小名 sagittatum は、矢じり形の。

淫羊霍の生薬名は、葉を食べた羊が、精力が強くなってよく繁殖したという中国の話からつけられました。 成分のエピメジンやイカリインは、催淫効果のある生薬として知られ、滋養強壮のドリンク剤などに配合されています。 また、夏に茎葉または地上部を採取して、酒に浸し、強精や神経衰弱からくる不眠の緩和などを目的に服用します。茎よりも葉の方が成分が多いといわれています。 作用が強いので、胃腸の弱い方の利用には注意が必要です。

イカリソウは、北海道から、本州近畿地方の主に太平洋側の低山などに自生しています。花は赤紫。内側の4枚のガクは花弁化して残ります。 草丈は20〜40cm程。ホザキノイカリソウが淫羊霍というのに対し、和淫羊霍と区別して呼ばれることがあります。種小名 grandiflorum は、大きい花の。
ホザキノイカリソウ
Epimedium sagittatum Maxim.
イカリソウ
E.grandiflorum Morr.var.thunbergianum Nakai

太平洋側にあるイカリソウに対して、日本海側に産するのが、トキワイカリソウ 常葉碇草キバナイカリソウ 黄花碇草です。

トキワイカリソウは、東北から山陰に自生し、花は白色から赤紫色まであります。 小葉の質は厚く、先が尖ります。翌年の新しい葉が出るまで、越年した葉が残ることから常葉(トキワ)の名前。種小名 sempervirens も、常緑の の意味。

キバナイカリソウは、北海道南部から近畿地方に多くあって、淡いクリーム色の花をつけます。 小葉はイカリソウより大きく、葉身は 5〜15cmあって先が尖ります。花も大きく、距は2cmほどあります。
種小名 koreanum は、朝鮮の(高麗の)の意味。シノニムの cremeum は、花の色から、クリームの意味か。

日本にあるイカリソウ属では、以上の イカリソウ、トキワイカリソウ、キバナイカリソウ が、生薬の淫羊霍になります。
トキワイカリソウ 撮影:東京都薬用植物園
Epimedium sempervirens Nakai
属名 Epimedium は、地名 Media に由来する別の植物名 epimedion から。ただし epimedion が、何かは不明とされます。なお、Media は、現在のイランにあった古代の王国。


バイカイカリソウ 梅花碇草は、中国地方から四国・九州にかけて自生します。全体に小型で、花は距がなく、径1cmほどです。 本種は、他のイカリソウ属と異なり、3分枝3小葉ではなく、2つに分岐、2枚の小葉をつけます。小葉の鋸歯は、まばらにつく程度です。種小名 diphyllum は、二葉の の意味。
キバナイカリソウ Epimedium koreanum
syn. Epimedium cremeum Nakai et F.Maekawa
バイカイカリソウ 撮影:東京都薬用植物園
E.diphyllum (Morr.et Decne.) Lodd.

イカリソウの仲間は、交雑をして連続した形態をつくることがあって、種を特定できないケースもあります。バイカイカリソウの外見でも、茎が3つに分岐する個体は、交雑している可能性があります。

ヒメイカリソウ 姫碇草は、西日本で見られるバイカイカリソウとイカリソウの自然交雑種です。 草丈は、15〜30cmほどで、小葉の鋸歯の数など、全体的に、2種の中間的な形質が現われます。花はバイカイカリソウにはない短い距をもち、大きさは2種の中間的なサイズです。 youngianum は、人名由来。

2004.04.New-2012.06.-2015.01.Re
ヒメイカリソウ 撮影:つくば実験植物園
Epimedium × youngianum
このページのトップへ↑