キケマンミヤマキケマンムラサキケマン (ケシ科キケマン属
キケマン属の花は、直ぐにはケシ科かどうか判らない外見をしています。花式図によれば、キケマン属は、ガクが2枚、花弁は外側に大きい2枚、内側に小さい2枚の計4枚で構成されます。 また雌しべ(心皮)は合着して、側膜胎座 ※1の子房を作ります。 花弁の形状は異なっていますが、ケシの基本的な構造設計は、キケマン属と同様です。

キケマン属は、外側の2枚の花弁が上下に合わさって筒状になり、花冠の先は唇形、上側の花弁は後方に袋状に伸びて距を作ります。 内側の2枚は、ほとんどが筒状の花弁のなかに隠れています。先端部分で合着し、唇形状の開口部から合着した花弁の先端を覗かせます。 属名の Corydalis は、ギリシャ語の Korydallis 雲雀(ひばり)に由来(エンゴサク 参照)します。 ケマン(華鬘)とは仏前に吊るす飾りもののことで、花(総状花序)を華鬘に見立てた名前です。

※1 側膜胎座 : 心皮の縁の合着部分が胎座となり種子ができる。胎座は、心皮と同じ数だけあるが、部屋はひとつ。
ムラサキケマン 別名 ヤブケマンは、小川のほとりや薮の陰など、国内の随所で見ることができます。 越年草で、花期は 4〜6月頃、花弁の先端は赤紫色、胴から距の部分は淡い色彩になります。ガク片は、鱗片状となって花弁基部につき、苞は、扇状に細かく裂けます。

葉は2回3出複葉で、小葉は羽状に切れ込みます。4月下旬には、狭披針形の果実(さく果)が緑色の状態で熟します。種子は黒色で2列に並んで入り、刺激があると勢いよく果皮が巻き返り、パラパラと音を立てながら種子をはじき飛ばします。 種子には種枕(しゅちん、エライオソーム)と呼ばれる白い付属物があり、アリはこれを好み食料として利用します。その際、種子ごと運びますが、種子そのものは餌にしないため、結果としてアリは種子撒布を手伝うことになります。

ムラサキケマンには、 花弁の先端以外が白い シロヤブケマン、赤紫の部分がない ユキヤブケマンがあり、花弁の色の違いによる2品種を、分けることがあります。

種小名 incisa は、鋭く裂けた。シロヤブケマンの品種名 pallescens は、淡白色の、青白い、やや青ざめた。ユキヤブケマンの品種名 candidus は、純白の の意味。

シロヤブケマン Corydalis incisa f.pallescens
ムラサキケマン
Corydalis incisa (Thunb.) Pers.
ユキヤブケマン
Corydalis incisa f.candida
はじけた果実と
ひとつ残った種子

キケマン属には、塊茎を作るエンゴサク型と越年草のキケマン型があります。 分類上は、塊茎のあるなしで分けることは適切ではないとされ、そのひとつ、ムラサキケマンの亜属レベルは、エンゴサク亜属とされます。 在来種のキケマン型は、多くが黄色い花で、ムラサキケマンは例外的な色合いです。花の色でいえば、ムラサキケマンの色は、エンゴサクの仲間の色だったということなのでしょう。
キケマン型の黄色い花のものは、ほとんどキケマン亜属とされます。ただ、ツルケマンは、エンゴサク亜属とされ、黄花の例外になります。 キケマン亜属は、外見が似るものがあります。すでに分かっている分布域でおおよその目途をつけた上で、苞や果実の特徴で判断しますが、特定が難しい仲間といえます。
ツクシキケマン中国地方以西に分布果実:数珠状で種子1列Corydalis heterocarpa
キケマン関東以西   〃果実:くびれ少なく種子2列ツクシキケマン変種
フウロケマン中部以西   〃果実:くびれ少ないCorydalis pallida
ミヤマキケマン近畿以北   〃果実:数珠状で湾曲フウロケマン変種
ヤマキケマン関東以西   〃果実:数珠状で屈曲Corydalis ophiocarpa
キケマンは、関東以西の低地に分布し、中国地方以西のツクシキケマンの変種とされます。

ムラサキケマンと比較すると、茎は太くしっかりして、草丈50〜60cm内外と大きくなります。 根もとから分枝して大きな葉をつけ、葉の質はやや厚く、白緑色で、3出複葉、小葉は深く裂けます。裂片の幅がやや広いため、丸みを帯びた印象があります。

花期は4〜6月、茎頂に総状花序をつけます。花弁は黄色、先端部分に淡黄色、緑色、薄茶色などの模様が入ります。 花は、花茎の下方から上に向かって順に咲き、開花するに従って花弁の先端を下げます。 ムラサキケマンの花は多方向に向きますが、キケマンは行儀よく一定の方向に並ぶように見えます。ガク片は鱗片状、苞は楕円形で先は尖り、全縁かやや波打ち、花柄に隠れる位のサイズです。

果実(さく果)は狭披針形、長さ3〜4cm、曲がらず、わずかに数珠状になります。種子は黒色で2列に並び、種枕があります。

種小名 heterocarpa は、heter 異なった、種々の + carpus 果実 から。変種名 japonica 日本の。

キケマンの仲間は、全草有毒で、食用厳禁です。また、気分が悪くなる悪臭があります。
キケマン 撮影・東京都薬用植物園
Corydalis heterocarpa Sieb.et Zucc.
var.japonica (Franch.et Savat.) Ohwi
展開前の葉 展開後の葉 果実

ミヤマキケマンは、近畿以北に分布し、中部以西にあるフウロケマンの変種とされます。 日当たりのよい林縁や明るい半日陰に生育します。名前に ミヤマ(深山)とついていますが、高山性のものではなく、低山でも見ることができます。

越年草で、丈は30〜50cm、葉の質は薄く、しばしば紫褐色になり、1〜2回羽状複葉、小葉はさらに深裂します。 花期は3〜6月、茎頂に淡黄色の花を総状花序につけます。花弁の形状とガク片の小さいことは前種と同様。苞には変異があり、浅〜中裂して数個の裂片になり、中央部の裂片は側裂片より長くて先が尖ります。 種子は1列に入り、さく果は、棒状で弧を描き、数珠状にくびれます。

属名 pallidus は、淡白色の 変種名 tenuis は、細い、薄いの意味。

2005.04.New-2015.01.12.Re 一部画像と説明文を変更しました。
ミヤマキケマン  Corydalis pallida (Thunb.) Pers.var.tenuis Yatabe 撮影・青梅市

このページのトップへ