ケシアツミゲシハカマオニゲシ ( ケシ科)

ケ シ 生薬名:アヘン末 [ 局 ] 有毒 用途:製造原料
ケシ と、小型のアツミゲシ、 オニゲシに似ているハカマオニゲシは、全草にアヘンアルカロイドを含んでいます。 アヘンアルカロイドが含まれる植物は、2つの法律によって規制されています。
ケシとアツミゲシは「あへん法」により、また、ハカマオニゲシは、「麻薬及び向精神薬取締法」によって規制されています。 麻薬の所持はもちろんのこと、3種類の植物については、許可なく栽培することも、その花びら1枚を持つことも許されていません。 日本のアヘンを含むケシ属の管理については、世界で最も厳しい法律といえます。
例外は種子で、ほとんどアルカロイドを含まないため、発芽しないように加熱処理したものを、食品として自由に利用することができます。 種子は「けし粒のように」と小さなものの例えとされます。アンパンの上についている小さな粒々が、そのケシの種子※1です。 けし粒は、七味唐辛子などにも入っています。

※1 ケシ Papaver somniferum 以外に、ヒナゲシの種子を使うこともある。



ケシの花は、他のケシ属と同様に、花弁は、外側2枚とやや小さめの内側2枚の4枚で、色は、白、赤、紫があります。花径は、6cm内外。 おしべは多数、めしべには花柱はなく、子房の上に放射状に柱頭がつきます。ガクは2枚ありますが、開花の時に落ちます。
草丈は、100cm〜160cm。葉は互生し、他のケシ属と比べると切れ込みは浅く、縁は波打ちます。葉の色は、やや白味のかかったくすんだ緑色で、葉柄がなく基部で茎を抱きます。 また、花の下の茎と葉裏の葉脈上にまばらに毛が生える程度で、他の部分は無毛であることも特徴です。

諸外国の中には、鑑賞用であれば栽培を認めるところもあり、花が大きなボタン咲きのように園芸的価値があるものも見受けられます。日本では、鑑賞用であっても一般の栽培は禁止されています。 日本で栽培が認可されているのは、少数の薬系大学や公的な研究機関、栽培技術を継承するために国の委託を受けた農家があるだけです。厳しい条件があり、あわせて10件に満たない件数です。

次の画像は、3種ともケシ Papaver somniferum L.です。 撮影地:東京都薬用植物園
園芸品種 八重のボタン咲き トルコ系統品種 インド系統品種か?

アヘンの採取は、ケシの未熟な果実、いわゆるケシ坊主から行います。
まず花を1個だけに仕立て、養分を集中させて大きな果実を作ります。花後、数日を経たケシ坊主の表面に縦にキズをつけ、にじみ出てくる淡い褐色の乳液をヘラでかきとり集めます。 集めた乳液を、温度をかけて乾燥させたものが生アヘンになります。キズをつける場所の選択も一定の経験が必要で、ケシ坊主からのアヘンの採取には、膨大な手間と時間がかかります。 アヘン採取用のケシの品種 「一貫種」 ※2で、1個の果実から採取できるアヘンの量は、0.5g程度とされます。 モルヒネは、その中に約14%程度含まれます。

※2 第二次大戦前に日本で作り出された品種で、アヘンの収量が多い。花弁の色は白。
ケシ(一貫種) Papaver somniferum L. 2007/05/19画像の黒い筋は、乳液採取の痕
アヘンは人類に長く利用されてきましたが、中毒になると精神的・肉体的に依存性が非常に強い麻薬として有名です。しかし、この麻薬には、医薬品として有用な成分も含まれています。 モルフィン(モルヒネ) morphine ※3 、コデイン codeine 、ノスカピン noscaphin 、パパベリン papaverine などの成分が分離抽出されています。これらの成分は、麻酔、鎮痛、鎮咳などに広く使用されています。適切に利用をすれば、ケシは人類の病苦を和らげてくれた大変有益な植物であるともいえます。 日本では年間約100t のアヘンを輸入していて、近年ではモルヒネが末期ガンの鎮痛に有効であることが再認識されています。

属名 Papaver は、papa 幼児に与えるお粥 + verus 正統の、純正の。粥にケシの乳汁を混ぜて、子供を寝かしたことからとされる。種小名 somniferum 睡眠の。

※3 モルヒネは、薬用植物から初めて分離抽出されたアルカロイドとしても知られる。 副作用には、依存性、便秘、眠気、呼吸抑制などがある。末期がんの疼痛抑制については、依存性は生じないとされる。



アツミゲシ P.setigerum は、全体的にケシより小型で、丈は、50〜100cmになります。 花は、赤や紫色があり、多くの花をつけます。 葉の基部が茎を抱くところや、葉色はケシと同様です。花の下の茎には剛毛(種小名 setigerum の意味)があり、ガク片にも毛が生えるところがケシとの違いです。

和名は、1960年代、渥美半島で繁殖していたのを発見されたことから命名されたものです。以後、各地で雑草化していて、毎年、相当数の抜き取りが行われています。 2008年には、イベント会場で、数万本のアツミゲシが誤って栽培されていたこともありました。

ケシ坊主が小さいため、乳液のかきとりという方法では採取が難しく、実際の利用はされていません。また有用なアルカロイドの含有量も少なく、商業的にもなりたたないといわれています。
アツミゲシ Papaver setigerum DC.撮影地:東京都薬用植物園

ハカマオニゲシ は、アヘンアルカロイドの成分・テバインを含んでいるため規制の対象になっています。 アルカロイドは根に多く含まれるとされています。

多年草で、草丈は60〜100cm。葉や茎全体が白い毛に粗く覆われ、オニゲシ(オリエンタルポピー)に似ています。がく片の表面には寝た毛(屈毛)がつきます。 花弁は4〜6枚、特徴のある鮮やかな深紅、花弁基部には黒斑があります。 花径は10cmほど。花の下に苞葉が5〜6枚つき、茎が枯れるまで残ります。 葉は濃い緑色で、羽状に深裂、裂片には鋸歯があり、先はノギ状になります。花茎にも小さな葉がつきますが、大きな葉は、地面近くにまとまってつきます。
種小名 bracteatus は、包葉のある の意。和名はこの苞葉を袴(ハカマ)に見立てての命名。
ハカマオニゲシ Papaver bracteatum Lindl.撮影地:東京都薬用植物園

ハカマオニゲシとオニゲシの違い
花弁は、鮮やかな深紅 深紅ではないが鮮やか
がく表面の毛は寝ている(屈毛)
苞葉が5〜6枚ある
がく表面の毛は立っている(開出毛)
苞葉がないか少ない

植えてはいけない ケシとアツミゲシの特徴
(1) 葉が茎を抱く。右画像参照
(2) 毛が密生していない。
(3) 葉の色が、ロウを塗ったような白緑色(白味がかかった緑色)

見つけた場合には、" 自分で抜かずに "、保健所や警察などの関係機関まで連絡をしてください。

2012.06.10.-2015.01.13.Re
このページのトップへ