ナガミヒナゲシ(ケシ科)
ナガミヒナゲシ Papaver dubium L.
ナガミヒナゲシは、欧州の地中海沿岸が原産で、観賞用に栽培されていたものが、逸出したとみられます。 道路のアスファルトの際や、コンクリートの隙間からも生え、気がつくと身近にあって急速に勢力範囲を拡大しています。

ナガミヒナゲシは晩秋に発芽し、ロゼットで冬を越します。葉には繊毛があって、根生葉以外の葉は羽状に1〜2回深い切れ込みが入ります。 葉がつくのは草丈の3分の1程度までで、上部は茎だけになります。

4〜5月ごろ花茎を伸ばし、先端にひとつの蕾をつけます。蕾は下を向いた状態で、茎が伸び上がり、開花時には蕾を持ち上げます。花は上向きに咲きますが、1日で散ってしまいます。 花弁は4枚で、おしべは多数。花柱はなく、子房の上に4〜10本の柱頭が放射状にのびます。花後には和名の由来となる細長い実(芥子坊主)をつけます。 果実(さく果)は熟すと褐色になり、柱頭のついていた円盤状の蓋を持ち上げ、隙間から種子をこぼし、播き散らします。種小名 dubius は、疑わしい、不確実の。

2005.05.-2009.02.Re
冬のロゼット 東京都 除草剤をまかれ、花弁が白色化した個体
果実には小さな種子が、1000粒以上入っている
このページのトップへ