ナンテン  メギ科

ナンテン 生薬名:南天実(ナンテンジツ) [ 局外 ] 用途:漢方薬

ナンテンは、関東以南の温暖な地域で自生している常緑低木です。 ナンテンは、難(ナン)を転(テン)ずるので縁起がよいとして、よく庭木でも利用されています。 もともとは中国から渡ったものが野生化したとみられますが、古くから栽培されているため逸出かどうかの確認はできなくなっています。

根元から何本も叢生し、高さ2m程度になります。葉は3回奇数羽状複葉で、小葉は広披針形、先端は尖ります。 5〜6月ごろに、茎頂付近からでる花茎に大きな円錐花序をつけます。小花の花弁は白色で 6枚あり、おしべの葯は黄色で 6本、めしべは 1本です。 晩秋に赤い果実となり、中に1個の種子が入ります。

実に含まれるアルカロイド成分には消炎作用があり、鎮咳薬やうがい薬に利用されます。 葉には、殺菌効果があり、折り詰めや焼き魚に葉が添えられるのはそのため。また、白い実のナンテンもありますが、赤い実のものと効果に差はないとされています。

普通、実の赤い色は、鳥に対するアピールといわれていますが、ナンテンの実には、有毒な成分も含まれています。人に有毒でも、小鳥には無毒というケースもありますが、ナンテンの成分は小鳥にも有毒。 そのため、小鳥は具合が悪くならない程度に、少しづつ食べているとみられています。ナンテンの実だけでなく、他にも長く残っている赤い実があります。 それらの実は、毒性があるとか、栄養価が低いなど、鳥たちにとって魅力に欠ける理由があると考えられます。

和名は、漢名・南天竹「南天」の音読みから。属名 Nandina は、ナンテン(南天)から。種小名 domesticus は、国内の、その土地産の。英名 Nandin

2003.03.New-2012.06.
ナンテン Nandina domestica Thunb. 撮影・東京都