キクバオウレンセリバオウレンコセリバオウレン キンポウゲ科

オウレン 生薬名:黄連(オウレン) [ 局 ] 用途:漢方薬

オウレンの仲間は常緑の多年草で、山林などの下草として自生し、全国に分布します。オウレンはひげ根が珠のように連なり、断面が黄色い(赤い)ことから、中国名を「黄連」といいます。和名はその音読みから。

草丈は15cmほど、葉は3小葉の複葉を基準として、長い葉柄がある根生葉が叢生します。質は厚く、濃緑色で表面はやや光沢があり、縁には鋸歯があります。

早春(2〜4月)に暗紫色の花茎を立ち上げ、茎頂付近が分枝して2〜3輪の白い花を咲かせます。 ガク片は、花弁状で先が尖り、5〜6枚つきます。 普通は白色、ときとして淡い赤紫色を帯びることもあります。実際の花弁は、先が丸いへら状で、大きさはガク片の半分くらい、白色でやや厚く10〜12枚あります。
花には雄性花と両性花があり、雄性花には多数のおしべがつきます。両性花には茶色の雌しべが多数(8〜12本程度)、雄しべは雄性花より少なく 10本前後あります。

果実は、有柄の袋果(たいか)を輪生します。袋果の先端は閉じられずに隙間が開いたままになっています。このため被子植物のなかでは、比較的、原始的な姿をとどめているといわれています。
セリバオウレン 撮影・東京都薬用植物園
Coptis japonica var.dissecta Naka
雄性花
両性花
輪生した袋果(たいか)

オウレンの仲間は葉の切れ込み方により、3つの変種に分類されます。
オウレン(キクバオウレン)は 3出複葉で、小葉は広卵形、大きく3裂し不規則な鋸歯があります。 キクバオウレンより やや小型のセリバオウレンは 羽状の小葉が細かく裂けます。和名は複葉がセリに似るところからつけられています。 コセリバオウレンは、明るい緑色の葉を地面に水平に広げます。小さな葉は、地表を低くおおうカバープランツのようにも見えます。 コセリバオウレンの根茎は太くならないため、薬用利用はされていません。

1回3出複葉 キクバオウレン 菊葉黄連 Coptis japonica Makino var.japonica Satake
2回3出複葉 セリバオウレン 芹葉黄連 Coptis japonica var.dissecta Naka
3回3出複葉 コセリバオウレン 小芹葉黄連 Coptis japonica Makino var.major Satake

属名 Coptis は、coptein 切る、切り刻む から派生したもので、葉が切れている様子を表わしたとされます。 種小名 japonica は、日本の、日本産の。変種名 dissectus は、多裂した、全裂した。コセリバオウレンの変種名 major は、巨大な、より大きいの意味。

元々の生薬オウレンは、中国産のものでした。日本産のオウレンは、漢方の普及にともなう需要増をまかなうため、国内で開発された代用生薬です。 薬用にするのは、キクバオウレンとセリバオウレンで、セリバオウレンが多く栽培されています。

薬用部位は毛根を除いた根茎で、ベルベリンを含み強い苦味があります。幅広い抗菌作用があり、抗炎症、血圧降下、止瀉、緩下、止血などの作用も認められています。 漢方では、苦味健胃整腸薬として、また下痢や炎症などにも用いられています。処方例としては、黄連解毒湯、半夏瀉心湯などがあります。

2003.04.New-2012.06.-2015.01.14.Re 一部画像と説明文を変更しました。

このページのトップへ↑