ルイヨウボタン 類葉牡丹 メギ科

ルイヨウボタンは、日本では北海道から本州、四国、九州まで分布する多年草で、やや深い山の広葉樹林下に生育します。 命名由来は、葉の形状がボタンに似ているため、類葉牡丹となりました。

草丈は 40〜70cmあり、茎は直立し上部で分枝します。葉は2〜3回3出複葉、小葉は長楕円形で全縁、先端の小葉は幅が広く、2〜3裂します。茎や葉は無毛。
花期は4〜6月で、茎頂あるいは上部の葉腋に集散花序をつけます。花は10個程度がまばらにつき、花径は1〜1.5cm程で黄緑色、外ガク片数枚と内ガク片が6枚あります。 外ガク片は、開花後の早い時期に落ち、花弁のように見えるのは内ガク片です。花弁はガク片より著しく小さく、ガク片の基部に重なるようにつき、扇状に広がった先端は蜜腺状になります。雄しべは6本、雌しべは1本です。

花後には、1つの花に2つずつの種子ができます。種子は子房内部で熟すのではなく、V字型の軸のさきに胚珠をつけ、裂開した子房から裸出します。そのままの状態で熟し、緑色から、秋には黒紫色の種子になります。

ルイヨウボタン 撮影・東京都
Caulophyllum robustum Maxim.
ルイヨウボタンは、民間の領域で、消炎, 鎮痛, 鎮痙などに使用されたとされますが、詳細不明です。

属名 Caulophyllum は、caulos 茎 + phyllon 葉、 茎が葉柄のようにみえることから。 種小名 robstum 強い、 大きい、 壮大なの意味。

2014.12.07.New
このページのトップへ