サラシナショウマ イヌショウマ  キンポウゲ科サラシナショウマ属

サラシナショウマ  生薬名:升麻(ショウマ) [ 局 ] 用途:漢方薬

サラシナショウマは、草丈1m程度の多年草で、山地の半日陰や草原にも生えます。 葉は2〜3回3出複葉で、小葉は卵形、4〜7cm内外、3浅裂して、さらに不規則な欠刻状の鋸歯があります。

9〜10月頃、白い小花が密生する長さ20〜30cmの円柱状の穂状花序をつけます。小花には花柄があり、白い花弁に見えるのはガク片で、早めに散ります。 雄しべは10mmほどで白色、ガク片が落ちた後も残り、棒状のブラシのようになります。白い花序は、林の中でも良く目立ちます。
サラシナショウマ  撮影・東京都薬用植物園
Cimicifuga simplex Wormsk
果実は袋果で、冬の初め、先端を上に向けた袋果の上部が開き、波打つ翼の付いた種子を飛ばします。

サラシナショウマは根茎を薬用とし、解熱、解毒、鎮静、鎮痛などの目的で漢方に処方されます。 民間薬としては、煎液を口内炎や扁桃腺炎のうがいに、また、草かぶれなどの外用に利用しました。
サラシナショウマの名前は、春の若芽をゆでて、水に晒し食用にしたところから晒菜(サラシナ)。ショウマは、中国名の「升麻」から。 升麻とは、「葉は麻に似て気を上升(上昇)する」としての名前とされています。 実際には、サラシナショウマの葉とアサ(麻)の葉は似ていません。
属名の Cimicifuga は、cimix ナンキンムシ+ fugere 逃げる から。悪臭があって南京虫も逃げだすという意味とされます。ただし、サラシナショウマについては、そうした臭いはありません。 種小名 simplex は、単一の、単生の、無分岐の の意味。これも、茎の上部で分岐して、複数の花序をつけることがあります。

 「本草綱目」に記載があるとされる。他の生薬・升麻の基原植物のことか調べていない。


以下は、薬用ではありません。

イヌショウマは、関東から近畿に分布します。食用にならないので、「イヌ」の2文字。 花序はサラシナショウマに似ますが、上部で分岐して数本の花序になります。小花の付き方がまばらで、花柄がごく短い(ほとんど無い)ので区別できます。 普通、葉は小葉9枚からなる複葉で、大きく3〜5浅裂または中裂し、鋸歯があります。小葉のサイズは、長さ幅ともに、大きいと10cm近くにもなります。

オオバショウマの葉は、イヌショウマより、大きく普通、小葉3枚の複葉になります。小花の花柄が無いことは、前種と同様です。分布は、本州、四国、九州。
種小名 acerina は、カエデ Acner の葉の。
オオバショウマ Cimicifuga acerina C.Tanaka
イヌショウマ Cimicifuga japonica (Thunb.) Sprengel 撮影・東京都薬用植物園、他

ショウマという名前はいくつかの植物に使われています。

サラシナショウマに似ているのでつけられたというのが、トリアシショウマ(ユキノシタ科)とヤマブキショウマ(バラ科)です。白い小花の穂状花序であるところや葉のつき方を似ているとしたと思われます。 トリアシショウマとヤマブキショウマの2種は、全体的な姿はよく似ていますが、科は違い、おしべめしべの数なども異なります。
キンポウゲ科レンゲショウマ属にレンゲショウマがあります。花が蓮(蓮花)に、葉がサラシナショウマに似ているとしての名前です。 そのレンゲショウマに似ているとして名前をつけられたのが、キレンゲショウマ(アジサイ科)です。ワンクッションおいているので、本家のサラシナショウマには、少しだけ似ているということでしょうか。

2005.11.New-2012.06.-2015.01.17.Re

レンゲショウマ(キンポウゲ科)
ヤマブキショウマ(バラ科) : トリアシショウマ(ユキノシタ科) : キレンゲショウマ(アジサイ科)
ショウマ 名前の譜系  APG分類
キンポウゲ科




サラシナショウマ属
  〃
  〃
レンゲショウマ属
ルイヨウショウマ属
サラシナショウマ
イヌショウマ
オオバショウマ など
レンゲショウマ
ルイヨウショウマ
バラ科 ヤマブキショウマ属 ヤマブキショウマ など
ユキノシタ科


チダケサシ属
  〃
  〃
トリアシショウマ
アワモリショウマ
アカショウマ など
アジサイ科 キレンゲショウマ属 キレンゲショウマ
メギ科 トガクシソウ属 トガクシソウ(別名トガクシショウマ)

このページのトップへ↑