センニンソウ(仙人草)の仲間 キンポウゲ科センニンソウ属
ボタンヅル コボタンヅル カザグルマ ハンショウヅル クサボタン
センニンソウ(仙人草)は、北海道南部から沖縄まで分布します。 日当たりの良い林縁などに、普通に自生するつる性の半低木です。葉柄をくねらせ草木などに絡みつきますが、相手を被ってしまう程、繁茂することもあります。 葉は、対生、複葉で3〜7枚程度の小葉からなります。小葉は革質で全縁、長さ4〜9cmほど、卵形〜楕円形をしていて先は尖ります。

8〜9月に、葉腋から花茎を伸ばし、きれいな白色の花を上向きに咲かせます。花は大きさ2〜3cm程度、十字形につく4枚の花弁状のものは、ガク片にあたります。 雄しべは多数、雌しべも多くあります。果実は扁平で卵型。雌しべの花柱は花後に伸び、細毛を伴った白く長い羽毛状になって果実の先に残ります。 長さは 3cmほど、これにより風を受け易くなり、広く撒布されます。

センニンソウの和名は、この羽毛状の毛を、仙人の白髪やヒゲに見立てたものとされます。 別名 ウマノハオトシ(馬の歯落し)、ウシクワズ(牛喰わず)とも。茎や葉に皮膚炎を起こすアルカロイドのプロトアネモニンが含まれ、放牧地では害草扱いであることから。 有毒植物ですが、根は 威霊仙(イレイセン)※1の代用生薬として、「和威霊仙※2」 の名前で利用されたことがあります。
属名 Clematis は、clema 若枝 の意。枝で絡みつきよじ登ることから とされます。種小名 terniflora は、三つの花の。ternat〜 三つの+ florus 花。シノニムの種小名 paniculata は、円錐花序の。

※1 威霊仙 : 根茎を鎮痛、利尿目的で、稀に漢方薬に処方される。 基原植物は、サキシマボタンヅル Clematis chinensis などとされるが、これ自体が正品の供給不足から選ばれた代用生薬であったとみられる。
※2 和威霊仙 : センニンソウの他にも近縁種の根も和威霊仙とされたが、いずれも現在の市場性はない。
センニンソウ(仙人草) Clematis terniflora DC.syn Clematis paniculata 撮影・東京都薬用植物園、他
ムニンセンニンソウは、小笠原にある日本固有種で、絶滅危惧II類(VU)です。 センニンソウと比べると、小葉は2〜3枚と少なく、花は 3.5cmと大きくなります。
変種名 boninensis は、無人島(むにんじま)の。無人島とは、小笠原諸島のこと。
ムニンセンニンソウ(無人仙人草) Clematis terniflora var.boninensis 撮影・筑波実験植物園
キイセンニンソウは、和歌山県南部と九州の一部に自生します。小葉の付け根近くに、竹の節のような輪がつき、小葉はこの部分(画像○印)から落葉します。
種小名 uncinata は、鈎状の。変種名 ovatifolia は、卵形の葉の意味。
キイセンニンソウ(紀伊仙人草) Clematis uncinata var.ovatifolia 撮影・筑波実験植物園

ボタンヅルは、本州〜九州のコボタンヅルよりも広い範囲に分布します。 葉の質は、センニンソウより薄く、1回3出複葉、小葉は卵形で長さ4〜7cm程度、粗い鋸歯があります。花は、センニンソウより小型で1.5〜2cm、わずかに黄色味を帯びた白色です。
和名は、つる性で、葉がボタン(牡丹)に似ていることからつけられています。種小名 apiifolia は、アピウム属※3に似た葉の意味。

※3 アピウム属 : セリ科 apium 属と思われるが未確認。

コボタンヅル は、ボタンヅルの変種で本州の中央部付近に普通にあります。 葉は、2回3出複葉で、原則として9枚の小葉からなり、大きさはボタンヅルより小さく、長さ4cm位まで。
変種名 biternata は、「2回3出の」の意味。
ボタンヅル Clematis apiifolia DC.撮影・東京都
コボタンヅル Clematis apiifolia DC.var.biternata DC. 撮影・小石川植物園、他

カザグルマは、日本の自生種の中でも、特に大きな花を咲かせるもののひとつです。 絶滅危惧II類(VU)にもなっている希少種で、落葉性の木本です。 葉は対生し、羽状複葉で小葉3〜5枚からなり、卵形で鋸歯はなく縁は波打ちます。 他のセンニンソウ(Clematis)属と同様に、葉柄で他の草木に絡み登ります。

花期は、5〜7月、花径約10cmを上向きにつけ、色は、白色、淡紫色、ピンクがあります。 花弁のように見えるのはガク片で8枚あり、よく似ている中国産テッセンは、普通、ガクが6枚であることから、大雑把な見分けができます。 雄しべは多数あり、葯は暗紫色、熟したものは外向きに倒れます。花の中央には、雄しべに取り囲まれて雌しべ群があります。
和名は、大きな花を風車(カザグルマ)にみたてたものです。種小名 patens は、開出の。
カザグルマ(風車) Clematis patens Morr.et Decne. 撮影・東京都薬用植物園
ハンショウヅルは、 本州、九州に普通に分布する木本です。木質化していない茎は暗紫色、絡みつくため葉柄をくねらせます(右画像)。 葉は対生して3小葉からなり、小葉は卵形で鋸歯があります。秋には葉腋に、翌年用の腋芽をつけます。
花期は 5〜6月、長い花茎の先に紅紫色の鐘型の花を1個つけます。花は下向きに吊り下げられ、半開します。花弁はなく、質の厚いガク片が4枚あり、ガク片には短い毛が密生します。
和名は、下垂した花の形を半鐘にみたてたもの。種小名 japonica は、日本の。
ハンショウヅル(半鐘蔓) Clematis japonica Thunb. 撮影・東京都

クサボタンは、つる性ではなく、茎は直立( 種小名 stans の意味 )または斜上し、高さ50〜100cm程になります。 冬に地上部が枯れることから多年生草本とされることもありますが、地面に近い部分が木質化して残るので、木本ともみられます。

葉は対生、長い葉柄がある3小葉からなる複葉で、小葉は卵形で鋸歯があります。
花期は、7〜10月、葉腋につけた花茎は分枝して多数の花を下向きに咲かせます。花は長さ1.5cm程度、淡紫色の4枚の花弁状のガク片が筒状につきます。 ガク片には短毛が密生し、先端は外側に反り返って巻きます。雌雄異株。

2013.11.10.New-2015.01.18.Re
クサボタン Clematis stans Sieb.et Zucc. 撮影・筑波実験植物園
このページのトップへ↑