セツブンソウ (キンポウゲ科)
キバナセツブンソウ

セツブンソウは、関東以西の本州に分布します。照葉樹林の林床、特に石灰岩質の礫地を好む傾向がありますが、乾燥を嫌います。 環境の悪化(自生地の減少)により準絶滅危惧種になっています。

和名は節分のころに咲くことからつけられました。 他の草木が芽をださない早春に花を咲かせ、他の草が大きく伸びる初夏には、地上部は枯れてしまいます。 スプリング・エフェメラル ( spring ephemeral )と呼ばれる春植物のひとつで、可憐さから人気があります。

いわゆる双子葉植物※1ですが、実生の1年目は、広楕円形の子葉を 1枚しかださないという変り種です。

セツブンソウ Eranthis pinnatifida Maxim. 撮影・つくば実験植物園
syn.Shibateranthis pinnatifida (Maxim.) Satake et Okuyama
2年目以降の個体は、1月末近くに、根塊から茎を伸ばし、茎頂に複雑に裂けた総苞葉をつけます。総苞葉には柄がなく、茎を囲んだ状態で、花茎は総苞葉を抜けでるようにつきます。 2月初めから3月にかけて、総苞葉が開き、花径 2cm程度の花を1個咲かせます。白い花弁のように見えるものはガクで、普通、5枚あります。 花弁(の名残)は10個程度、ガクの内側にあって先が2〜4裂し、裂片の先は黄色くなり蜜腺化しています。おしべは多数あって、葯は青色、めしべは数本あり、ややくすんだ桜色。 草丈は、花の咲くもので 8〜15cm程度です。

※1 双子葉植物 : APG分類では、単子葉類はあるが、双子葉類のくくりは存在しない。
右は1年目、左は2年目以降
4月の終わりから5月初めには、袋果※2から種子を播き落とします。右画像の葉の上に乗っているのは、袋果からこぼれ落ちた種子。

※2 袋果 : 心皮が合生しないで、ひとつの心皮ごとに分離しているもので、熟すと果皮が縦に割れる果実のこと。 同じキンポウゲ科のトリカブトやサラシナショウマなども袋果である。モクレンは 袋果の集合したタイプになる。
属名 Eranthis は、er 春+ anthos 花 から、春の花の意。種小名 pinnatifida は、羽状中裂の。シノニムの属名 Shibateranthis は、植物学者・柴田桂太 Shibata + er + anthis (Eranthis 参照)



キバナセツブンソウについて、当初、学名を Eranthis hyemalis としましたが、内容を訂正変更します
いわゆるキバナセツブンソウは、芽生えのときに 2枚の子葉をだします。 総苞葉は柄がなく、大きく3裂し、さらに裂片が2〜3裂します。葉はやや厚く表面には光沢があり、茎もセツブンソウより太く、全体にシッカリとした印象があります。
名前の通り、黄色いガクが花弁状になり、普通6枚あって、花は上向きに咲きます。本来の花弁は黄色く小さな筒状になって蜜腺化しています。 袋果には果柄があり、セツブンソウが2〜3個の結実であるのに対し、10個ほどが実ります。地下茎は年毎に伸びて、新しい地下茎をつくり成長します。

種類子葉開花の向きガク片地下茎
 キバナセツブンソウ2枚上向き6枚 毎年、新しい地下茎をのばす
 セツブンソウ1枚横向き5枚 同じ根塊が成長し、少しずつ大きくなる

日本でキバナセツブンソウと呼ばれるものには、いくつかの種類があります。 原種では ヨーロッパからアジア南西部に分布し、別名 セイヨウセツブンソウなどといわれる Eranthis cilicica 、南ヨーロッパに分布する、別名 オオバナキバナセツブンソウの Eranthis hyemalis の2種類が挙げられます。 また、日本の園芸店で多く流通しているとみられる、両種の種間交雑種 Eranthis × tubergenii 別名 ヨウシュセツブンソウがあります。別名については、他の名称を持つ種もあります。 英名は、Winter aconite 冬のトリカブト (狭義にはEranthis hyemalis の英名)で、根には有毒なアコニチンを含みます。このグループは全草有毒で、誤食の場合、嘔吐、頭痛、麻痺などの中毒症状を起こします。

種小名 cilicicus は、(小アジアの)シリシアの。 hyemalis は、冬の から、冬に咲く を意味します。交雑種 tubergenii は、tuber genii (genieの複数形)で、塊根の妖精か?

2004.02.-2015.01.22.Re
撮影時の個体が、 Eranthis hyemalis Salisb. か、Eranthis × tubergenii か不明であるため、 Eranthis sp とする
キバナセツブンソウ Eranthis sp 撮影・東京都薬用植物園

このページのトップへ