トリカブト属 ( キンポウゲ科 )
ヤマトリカブトツクバトリカブトオクトリカブトカラトリカブト(ハナトリカブト)
秋に山野で見かけるトリカブトは、北半球に多くの種類があり、強い毒性があることでも知られています。 地域・環境によっては、同じ種でも毒性の強弱がありますが、全草が有毒で、特に根には猛毒があります。北半球の温帯地方を中心とした多くの狩猟民族は、この猛毒を矢毒として利用しました。 矢毒の品質の良し悪し、すなわち毒の強さの確認は、根をかんだときの舌のしびれ具合で判断したそうです。もちろん有毒なので、危険がともなう行為です。

名前の由来は、花の形が雅楽の舞でかぶる鳥兜に似ているからといわれています。他には、鶏のトサカに似ているとする説などもあります。 英語名は、monkshood(修道士のフード・頭巾)といい、和名と同じように被り物の名前をつけられています。

葉は掌状に深く3裂し、さらに側裂片が深く2裂して、5裂となるものもあります。花期のトリカブト属を見間違えることはありませんが、芽生えの時期は、ニリンソウやゲンノショウコの姿に似ています。 東北地方ではニリンソウを山菜とすることがあり、同じ環境に生えるトリカブトを誤って採取し、中毒する事故が起きています。 死亡事故も発生しているので、山菜摘みは本の知識だけでなく、経験者から現場で教わるなどの用意も必要です。

トリカブトの花は鮮やかな青色をしています。毒々しいと感じる人もいるようですが、種類によっては切り花にされることもあります。 花弁に見える部分はガクにあたり、烏帽子(えぼし)型の頂ガク片1、円形の側ガク片2枚と楕円形の下ガク片2枚の計5枚で構成されています。 本来の花弁はガクの内側、おしべめしべの奥にあり、蜜腺としての器官になっています。 カタカナの「イ」のような形をしていて、花弁の上部は烏帽子(えぼし)型のガク片の中に収まっているため、外から見ることはできません。
おしべは多数、雌しべは、3〜5本あります。トリカブトは花粉も蜜も有毒であり、これらがハチミツに混入すると中毒を起こします。
(1)芽生えの時期
上段ヤマトリカブト・下段ニリンソウ
(2)おしべの奥に2本
の花弁基部がみえる
(3)頂ガク・側ガク片を
はずした様子(植栽品
茎には毛がなく、花柄部分にのみ開出毛あるいは屈毛(毛が寝ている)が生えます。毛の生え方は、種によって異なり、また、おしべの花糸部分に毛が散生するものもあります。 日本に自生するトリカブト属は、30種以上とみられていますが、専門家でないと同定が難しいグループです。

トリカブトを栽培する際には、軍手などを使い素手で扱うことは避けます。また、誤って花粉を吸い込むことのないよう注意が必要です。管理という点から植木鉢を利用した栽培が適当です。

ヤマトリカブト : トリカブト属は限られた地域に自生する種が多いなかで、ヤマトリカブトは広範囲にあるため、比較的よく見られる種類です。 オクトリカブトの変種で、関東から中部地方の低山に自生し、オクトリカブトに次いで毒性が強いとみられています。草丈は、普通1m程度、花柄の毛は 屈毛で、おしべもまばらに毛が生えます。
属名 Aconitum は、トリカブトのギリシャの古名。ギリシャ語の投げ槍由来や地名由来など諸説あり不明。種小名 japonicum は、日本の。変種名 montanum は、山の、山地生の。
ヤマトリカブト Aconitum japonicum var.montanum  撮影:箱根湿生花園

ツクバトリカブト : ヤマトリカブトの亜種ともみられ、名前は、茨城県筑波山で発見されたことによります。 分布域はヤマトリカブトと重複する関東地方で、葉が 基部まで3つに全裂するのが特徴です。裂片の幅は狭く、側裂片は、さらに2深裂します。花柄の毛は 屈毛で、おしべにも毛が生えます。
種小名 tsukubense は、筑波山の。シノニムの変種名 maritimum は、海の、海浜生の。
ツクバトリカブト Aconitum tsukubense syn.A.japonicum subsp.maritimum 撮影:つくば実験植物園



オクトリカブトハナトリカブト 生薬名:ブシ [ 局 ] 有毒 用途:漢方薬
トリカブトには猛毒性のアコニチン系アルカロイド、アコニチン aconitine、メサコニチン mesaconitine、ヒパコニチン hypaconitine などが含まれます。 中毒すると唇や舌のしびれに始まり、手足のしびれ、嘔吐、腹痛、下痢、血圧低下などをおこします。また、運動神経が遮断されるため、顔面の筋肉が動かなくなり無表情になります。 重症の場合は、心臓麻痺や呼吸不全で死亡することもあります。
通常、誤飲すると嘔吐しますが、アコニチンに関する解毒薬は開発されていないので、誤飲しないことが大事です。

トリカブトの薬用部位は、猛毒の根を利用します。薬としては、そのままでは毒性が強すぎるため、修治という減毒の処理を行った上で使われます。 有毒アルカロイドは、長時間加熱すると変化して毒性が200分の1になります。昔、狩猟民族が、トリカブトの矢毒により得た動物の肉を食べることが出来たのはこの作用を利用したものです。 減毒処理を行ったものは加工ブシと呼ばれ、強心性がでてきます。漢方では、鎮痛・強心・抗リウマチを目的に処方されています。処方例・八味地黄丸

ブシとは、母根に附く子根を附子と呼んだことから。烏頭(うず)は、根の形から。本来の意味では、母根を「烏頭」、子根が「附子」ですが、特に区別をしてないようです。 また、子根を生じない母根を「天雄」としていましたが、現在では出回っていないとのことです。3種類の区別の理由は、不明です。

 天雄については、明確な基準が見当たらなかったので、いくつかを次に示します。
(1)附子が翌年、母根となり、まだ附子がないもの。(2)サイズが3寸あるもの。(3)老根。


日本薬局方では、オクトリカブトハナトリカブト(カラトリカブト)の2種が収載されています。
厚生労働省 ・自然毒のリスクプロファイル 参照

オクトリカブト : 毒性の強い種で、中部以北から北海道南部に自生します。名前は、陸奥(みちのく〉に多いことから。 ヤマトリカブトと比較すると、草丈は、やや大型で1mを上回る程度になります。葉も、一回り大きく、3〜5列しますが深く切れ込むことはなく、丸みを帯びた印象があります。
花の大きさは、3.5cm程度とやや大きく、花柄には、屈毛が生え、おしべには毛が散生します。

昭和初期には、自ら烏頭を処方をした漢方薬で中毒死した博士がいました。毒性が一定していなかった野生品を使用したことが原因と推測されています。 現在では、栽培されたオクトリカブトで加工ブシを製造しています。一定の品質の生薬ができるようになったことから、医薬品としての利用が進みました。
亜種名 subcuneatum は、sub 〜に類する、やや + cuneatum くさび形の。
オクトリカブト Aconitum japonicum Thunb.subsp.subcuneatum (Nakai) Kadota 撮影・つくば実験植物園

ハナトリカブト : 中国原産で、従来 カラトリカブト A. chinense と別種の扱いでしたが、最近では同種とみられています。 葉は深く3裂し、これは大陸産トリカブトの傾向とされています。冷涼な気候を好むので、植物園でも冷温室で栽培されています。 大きな花をまとめてつけるので、切花としての利用もされています。種小名 carmichaeli は、不明。人名由来か?

2012.09.25New-2015.01.22.Re
ハナトリカブト(カラトリカブト) Aconitum carmichaeli Debx. 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ