オオツヅラフジ / アオツヅラフジ ツヅラフジ科

オオツヅラフジ 生薬名:ボウイ( 防已 ) [ 局 ] 用途:漢方薬
オオツヅラフジは、つる性の落葉樹です。葉は互生して、葉身は広卵形や心形など。 浅い切れ込みが入る場合もあって、つる植物の傾向として葉の変異が大きくなります。 花期は6〜7月、淡い緑色の小さな花で、長さ15cm内外の円錐花序をつけます。普通は、雌雄異株。属名 Sinomenium は、Sina 中国の+ menis 半月。果実の核の形から。種小名 acutus は、鋭形の、尖ったの 意味。

薬用部位は茎および根茎で、関節痛、リウマチの鎮痛を目的として漢方薬に処方されています。
オオツヅラフジ Sinomenium acutum Rehder et Wilson 撮影地・東京都薬用植物園

アオツヅラフジ 生薬名: 木防已 または 土木香 用途:民間薬
アオツヅラフジは、オオツヅラフジとよく似ています。違いは、茎や葉に毛が生えている点で、葉柄は3cm程度と短くなっています。 果実は小さな液果で青く熟し、種子はアンモンアイトの化石のような形をしています。属名 Cocculus は、coccus 液果 から。種小名 trilobus は、(葉が)三浅裂したの意味ですが、変異が多く卵形の葉も普通にあります。 かつては民間薬として、根を、鎮痛、解熱、利尿を目的に利用しました。

2013.05.18.New-2015.01.23.Re
アオツヅラフジ Cocculus trilobus DC. 撮影地・東京都
このページのトップへ↑