ヤマグルマヤマグルマ科

ヤマグルマは 1属1種で、近縁のスイセイジュ属とヤマグルマ科を構成する、系統的に孤立した科です。 本種の特徴は、被子植物にある組織、導管がないことです。仮導管を水分通道組織としていることから、裸子植物の形質を持った広葉樹として、被子植物の系統を考える上で貴重な植物とみられています。

ヤマグルマ は、東北南部から台湾まで分布する常緑高木で、急斜面や岩場など生えます。 20mに達することもあるとされますが、側枝がのび、仮軸分枝※1(仮頂芽型)を繰り返すため、樹高がなくとも、幅の広い樹冠になります。
葉は互生、5〜7cm内外の葉柄があり、葉身は倒卵形で先は尖ります。先端の2/3程度には鈍鋸歯があり、革質で厚く、表面は濃緑色で光沢があります。 枝先では節間が詰まり、輪生状につきます。
ヤマグルマ 撮影:つくば実験植物園、他
Trochodendron aralioides Siebold et Zucc.
花期は、4〜5月ごろ、枝先に黄緑色の両性花※2からなる総状花序をつけます。 花には花弁がなく(無花被花)、雄しべは多数、雌しべは5〜10個が 輪生に配列します。 虫媒花とみられていますが、昼間は蟻以外に飛来する昆虫の姿は見ることがなく、花粉媒介者(ポリネーター)は不明(未確認)です。
果実は、袋果の集まったもので、10〜11月ごろ、緑褐色に熟します。径1cm程度で、各袋果の上部が裂開し、多数の微小の種子を散布します。

※1 仮軸分枝 : 本来の軸の先端 (頂芽) が生長を止めるため、側芽が代わって生長を続けること。 ヤマグルマの場合、先端のやや下から伸びるため、波打つように見える。
※2 両性花 : 普通、両性花だが、雄花が存在するという説もある。
属名 Trochodendron は、trochos 車輪 + dendron 樹木。雄しべと子房とが車状に付くため。種小名 aralioides は、タラノキ属 Aralia + oides に似た、のような の意味。
和名の由来は、枝先の葉の様子からとも、花の形からともわれます。別名、トリモチノキ。以前、樹皮を剥いで、トリモチを作ったことから。 作り方は、樹皮を水に数ヶ月つけてから、樹皮の繊維質をつぶして取り去りると、残った粘液質がトリモチになります。 相当な期間と手間がかかるうえ、現在では、トリモチを利用しての狩猟は鳥獣保護法違反になるので、利用されなくなりました。

2013.06.New-2015.01.18.Re 説明文を変更しました。
このページのトップに戻る ↑