アカメガシワ トウダイグサ科

アカメガシワ 生薬名:アカメガシワ[ 局 ] 用途:製薬原料

アカメガシワ 赤芽柏は、トウダイグサ科に分類される落葉小高木です。 芽が赤いために「赤芽」、ブナ科の柏のように葉が大きくなることで「柏」、あわせて赤芽柏の名前になっています。 林縁や、草原などにごく普通に見られます。

葉は互生し、葉柄は長く、葉身は卵円形で浅く2〜3裂することもあります。葉柄と葉の付け根付近に花外蜜線があって、アリを誘引します。 雌雄異株。花には花弁はなく、雌花は果実に生ると柔らかい毛を多数つけます。種子は黒色の球形。属名 Mallotus は、(果実に)長い軟毛のある の意味。

樹皮の成分ベルゲニンを薬用とし、整腸や、十二指腸潰瘍などに用いられました。

2013.05.New
アカメガシワ Mallotus japonicus Mueller 撮影・東京都薬用植物園、他
このページのトップへ