アマメシバ (コミカンソウ科 )← トウダイグサ科

アマメシバは、インドネシアなどの熱帯地方に産する高さ 2m程度の常緑低木です。 葉は互生、短い葉柄があり、葉身5〜10cm内外の披針形で全縁、先はやや尖ります。茎や葉は緑色で無毛、茎には艶があり、多数に分枝します。

花は雌雄異花、原産地の開花は、ほぼ周年とされます。葉腋に短い花序をつけ、茎の基部側に雄花、先端側に雌花と茎の途中から雌雄が分かれてつきます。 雌花は 6個の暗紫色のガク片に淡緑色の雌しべがあり、雄花のガク片は淡緑色で中心部が暗紫色をしています。
果実は、ややつぶれた球形で白色、果皮は3裂して落ち、種子は黒色に熟します。暗紫色のガク片が残り、形状から観賞用にもなりますが、温室での管理(冬季10℃以上)が必要です。

東南アジアでは、昔からアマメシバの新芽を、野菜として茹でて食べていました。 一般的にコミカンソウ科やトウダイグサ科の植物は、食用になるものが少ないグループです。植物には含まれる成分の関係から、そのままでは食用に適さないものが多くあります。 その中で先人は工夫をすれば食べられるものを見つけて利用してきました。アマメシバの場合は、茹でることで水溶性の有害物質を取り除いていたとみられます。

アマメシバ(天芽芝)の和名は由来不明。 新芽は甘みがあるといわれ、英名も Sweet leaf bush なので、甘い新芽で 甘芽から天芽となったか。 属名 Sauropus は、由来不明。種小名 androgynus は、(花序などに)雌雄花の混ざった の意味。

2003.10.-2008.08-2015.01.27.Re

アマメシバ 撮影・東京都薬用植物園
Sauropus androgynus Merr.

アマメシバの摂取による深刻な健康被害が報告され、2003年8月、 該当する”健康食品”は事実上の販売禁止とされました。

健康被害の病名、閉塞性細気管支炎は、息苦しい、咳がでるといった症状から、重症になると呼吸困難から死亡することもあるとされます。 被害にあった人たちは、食用の数倍、または素材そのままを乾燥し、粉末化した製品を、大量に摂取していました。 おおよその食用の期間、量は発表されていますが、被害原因になる具体的な成分名は特定しないまま、今回の措置を決定したようです。 すでに台湾での被害が発生していたこともありますが、厚生労働省の迅速な判断は、被害の拡大を防いだ点で評価されています。

なお通達では、通常の方法で食用とする生鮮食品として場合は、規制の対象外になっています。
 販売禁止 :  参照・厚生労働省ホームページ 医薬食品局安全情報 平成15年9月11日

このページのトップへ