ハギの仲間 ( マメ科ハギ属
「ハギ」という名称は、特定の種を指すものではなく、植物群の総称名です。ハギ類は区別が難しいものがあるため、一般に総称名で呼ばれたと考えられます。 中国では鑑賞の対象ではなく、緑肥や飼料として利用されましたが、日本では、万葉集に萩を詠んだ歌が多数あるように、古くから鑑賞し親んできました。
ヤマハギは、北海道から九州まで広い範囲に分布する落葉低木です。 日当たりの良い山地に生え、枝はあまりしだれることなく、高さは1〜1.5m程度になります。葉は葉柄があり、3小葉で楕円形、先が凹むものや丸くなるものがあります。 6〜9月頃に葉腋に総状花序をつけ紅紫色の蝶形花を咲かせます。
属名 Lespedeza は、18世紀のフロリダ州知事 Cespedes から。C を L と誤植したためといわれます。種小名 bicolor は、二色の。品種名 acutifolia は、鋭形(緩やかに尖った)の葉の。
ヤマハギ Lespedeza bicolor Turcz.forma acutifolia Matsum.撮影・東京都薬用植物園、他

ミヤギノハギは、本州の中央部に分布しますが、花が長さ15mmと大きく、庭園等でよく植栽されています。 高さは1〜2mで、枝は地表近くまでしだれます。小葉は長楕円形で先が尖ります。花序が長く伸び、花茎がしだれる姿も特徴です。宮城野萩という名前が宮城野という地名由来かどうかは不明です。 母種は日本海側に産するケハギとされますが、諸説あり、やはり詳細不明です。
シロバナハギは、ミヤギノハギの白花品種です。
種小名 thunbergii は、人名由来。シロバナハギの変種名 albiflora は、白い花の意味。
ミヤギノハギ 撮影・東京都薬用植物園
Lespedeza thunbergii Nakai
シロバナハギ 撮影・箱根湿生花園
Lespedeza thunbergii var.albiflora

マキエハギ(蒔絵萩)は、本州中部〜九州の山野に分布します。高さ50cmほどで、枝が多く、小葉は楕円形をしています。 花期は8〜9月。花弁は白色、旗弁の基部には赤い模様が入ります。托葉が糸状で、ガクの先端も細長く伸びます。種小名 virgata は、枝のある。

マルバハギは、本州から九州の山地に生えます。小葉は、楕円形〜倒卵形で、先は丸いか凹みます。 花序が葉よりも短く、花は葉の間にまとまってつきます。秋の七草について、山上憶良が詠んだのは、ヤマハギか本種という見解があります。別名 ミヤマハギ。 種小名 cyrtobotrys は、曲がった総(ふさ)の。
マキエハギ 撮影・不明
Lespedeza virgata (Thunbergii) DC.
マルバハギ 撮影・小石川植物園
Lespedeza cyrtobotrya Miq.

チョウセンキハギは、絶滅危惧IR類(CR)で、高さ2m程度の落葉低木です。 葉は、楕円形で先が尖ります。キハギの仲間は、小枝まで木質化しているので他のハギ属と区別できます。種小名 maximowiczii は、人名由来。 別種 キハギ(木萩) L.buergeri は、旗弁が淡黄白色で紫の筋があり、翼弁は紫色、竜骨弁は淡黄白色。

イヌハギは、日当たり良い草地に自生します。高さは80〜150cmで、茎は直立し、茶色の軟毛が密生します。 小葉は大きく、長さ5cmほど。茎の上部の葉腋に花弁が白色の花序をつけます。
種小名 tomentosa は、密に綿毛のある。
チョウセンキハギ 撮影・東京都薬用植物園
Lespedeza maximowiczii Schneid.
イヌハギ 撮影・箱根湿生花園
Lespedeza tomentosa (Thunb.) Seib.ex Maxim.

メドハギは、全国の日当たりの良い野原に自生する多年草です。 茎は直立し、葉が密生して、他のハギ属とは印象が異なります。小葉は、線形に近いもので先は丸く、両面に軟毛があります。 葉腋に数個の花をつけ、花弁は淡黄白色、旗弁には紫の模様が入ります。 和名は、昔、易者が占いに使う「めどぎ」に使用したことからつけられたとされています。種小名 cuneatus は、クサビ゙形の。

 めどぎ : 易に使う細い棒。後年、竹で作られたので、ぜい竹(ちく)という。

2013.10.28.New
メドハギ Lespedeza cuneata (Dumont de Courset) G.Don 撮影・つくば実験植物園

このページのトップへ