ハマビシ (ハマビシ科

ハマビシ 生薬名:シツリシ (疾梨子) [局] 用途:漢方薬

ハマビシ 浜菱は関東以西の温暖な海岸付近に自生する1〜2年生草本です。 開発などによる自生環境の減少から、日本ではあまり見ることはできなくなり、絶滅危惧種の指定を受けています。

茎は根元で分枝して四方に匍匐し、またはやや斜上します。葉は偶数羽状複葉、明らかに大きさが不ぞろいの対生、基部には托葉が2つ付きます。 小葉は 5〜10mm程度の長楕円形で葉軸に対生。全体に白色の粗い毛があり、特に茎とガクに多く、小葉縁と小葉の主脈上にも見られます。

花期は夏から秋にかけて、葉腋に黄色の小花を単生します。花には花柄があり、径10mmほど、ガク片5、花弁5、雄しべ10本、雌しべは1本。 柱頭は短い花柱上に、5方向に放射状につきます。

果実は径1cm程で、果皮が非常に硬く、鋭い突起があり、熟すと5分果がバラバラになります。それぞれに4本の大きな刺と、先が硬い毛になる多くの小さな刺があります。 和名はこの実の形を ヒシ( 菱 )の実に見立てて、海浜性のヒシの意味でつけられました。 属名の Tribulus は、果実がまきびしに似ているとして。種小名 terrestris は、陸生の の意味で、terra 陸、地球 からきています。

果実を薬用とし、生薬名シツリシ(疾梨子または疾黎子・・・子以外は草冠がつく)、利尿、浄血、強壮を目的として漢方に処方されます。 ヨーロッパでは、ハーブとしての利用もされていますが、妊婦の飲用では流産の危険もあるとされます。

2013.05.31New-2015.01.30.Re

ハマビシ 撮影:東京都薬用植物園
Tribulus terrestris

このページのトップへ↑