ヒシ / オニビシ ( ミソハギ科ヒシ属 ← ヒシ科)

ヒシは水生の1年生草本で、水深1.5m前後の富栄養な湖沼や溜池などに生育します。 ときには水面を埋め尽くすほど繁茂して、他の水生動植物への影響が危惧される状態になることもあります。 菱形の語源とされますが、由来※1については意見が分かれます。

ヒシには、植物体を固定するための根の他に、葉緑体を持つ水中根があります。 春、水底の種子は茎の途中に水中根をつけながら伸び、水面近くの茎にまとめて葉をつけます。葉には葉柄があり、長さは3〜20cm内外で、中間には紡錘型に膨らんだ浮き袋「浮嚢(ふのう)」を作ります。 浮葉はロゼット状に並び、葉身は卵形から三角形に近い菱形をしています。葉の基部側を除き鋸歯があり、表面は葉脈も目立たず無毛、裏面は葉脈が隆起して明瞭になり軟毛が見られます。

花期は7〜9月、葉腋から伸びる花茎頂に、白色の1日花を単生します。花はガク片、花弁、雄しべ各4、雌しべ1本からなります。虫媒花ですが自家受粉もするとみられ、花後には水中に入って結実します。 果実はガク片由来の2本の鋭いトゲを持ち、秋に完熟すると茎から離れ、水底の泥中で越冬します。
果実はデンプンを蓄えて、古くから食用とされていました。若い果実は皮を剥いてそのまま生食ができ、熟した果実は茹でるなどの方法で食用にできます。 また、果実は民間薬の領域で、健胃、解熱、強壮に利用されました。

属名 Trapa は、播きビシから。シノニム種小名 bispinosa は、2本の刺の。種小名 iinumai は、人名由来。 日本産のヒシ属は交雑することがあり、近年の調査では、ヒシ Trapa japonica は染色体数から、 オニビシとヒメビシの雑種起源である可能性が示唆されています。 「 日本産ヒシ科数種の核形態 」(1996)より

※1 由来 : 浮葉の形が拉(ひし)げていることからとする説がある。 果実を由来とするものには、果実がつぶされたような形だからという説、果実のとげがひしゃげているというもの、或は、トゲが硬いのを緊(ひし)といったとする説がある。 「菱」の字は、漢名の菱(ling)をあてはめたものなので、漢名由来ではない。
ヒシ Trapa japonica Flerov  syn.Trapa bispinosa Roxb.var.iinumai Nakano 撮影:東京都薬用植物園

オニビシヒシと同様に、湖沼などに生育する1年生の浮葉植物です。 浮葉の外見はヒシに似ていて、浮嚢はやや小型のものをつくりますが、個体の変異が大きいため、葉の形だけでは種の判断は難しいとされます。夏から晩夏にかけて、白色の1日花をつけます。

果実は大型で、実の背腹にも太い刺が2本あり、計4本のトゲがつくのでヒシとの区別ができます。 ただし、ヒシ以外の日本産ヒシ属は、4本トゲであることから、オニビシと他の種の特定にあたっては、トゲの数以外の比較要素が必要になります。
オニビシには、広義と狭義の分類を使い分けることがあります。広義のオニビシ Trapa natans L.var.rubeola Makino のうち、葉柄や葉裏が赤味を帯びるものをメビシといい、 葉裏が緑色のままのタイプを狭義のオニビシTrapa natans var.japonica Nakai とする見解です。色以外の違いが見られず、また普通でも多少の赤味があることから、この分類については疑問も出されています。 品種扱いにして、メビシ(型)を form.rubeola、緑色のオニビシを f.viridis Sugim.とする見方もあります。

----- この項(広義と狭義の〜)、詳細不明につき、書き掛けです -----

食用については、ヒシと同じです。学名から連想される利用法として、追走を妨害するための播きビシがあげられますが、極めて限定された用法であるため、実用性は不明。
種小名 natans は、浮遊する、水に浮かぶ の意。変種名 rubeola は、赤い 、viridis は、緑色の。
オニビシ 撮影:滋賀県、他
日本産のヒシ属 (外来種、種内変異は除く)
和名果実の特徴学名
オニビシ
: メビシ型を含む、学名併記
4刺、大型Trapa natans var.japonica Nakai
Trapa natans L.var.rubeola Makino
コオニビシ
: ヒメビシ及びオニビシの雑種起源
4刺、中型Trapa natans L.var.pumila Nakano
ヒシ
: ヒメビシ及びオニビシの雑種起源
2刺、中型Trapa japonica L.
ヒメビシ
: やや稀で他種より小さい
細長い4刺、小型Trapa incisa Siebeld et Zucc.

2013.05.31New-2015.02.05.Re

このページのトップへ↑