ヒスイカズラ (マメ科)
ヒスイカズラはフィリピン・ルソン島原産の木本のつる性植物で、植物園のホームページでは必ず開花情報を載せるような植物です。 本来は15m以上の高所まで伸びますが、回廊が設置されている植物園では、すぐ目の前で花を見ることができます。 自生地では、すでに絶滅危惧種になっていて、種の保存という植物園の担う役割は、この植物に対しても必要になってきています。

葉は互生、3出複葉で小葉は革質、全縁の楕円形で先が尖ります。花序は長さ0.5〜1.5m、花は極めて珍しい鮮やかな青緑色で、多数の花が房状に垂れ下がる姿は見事です。 花弁は長さ6〜8cmあり、ヒスイの勾玉かオウムのくちばしを連想させる三日月型をしています。 舟弁(竜骨弁)の中には、雄しべと雌しべが隠れていて、ポリネーターが花弁に乗ると重みで飛び出しポリネーターに花粉をつけます。 花は花序の基部側から咲き始め、数日の開花期間が過ぎると、ほとんどの花はガクごと落ちます。

花粉媒介はコウモリや昆虫によるとみられていますが、昆虫の種類については詳細不明とされます。果実は長さ20cm程度の卵形で、豆の鞘とは異なる印象があります。 もともと結実率が低いうえに、国内ではポリネーターがいないこともあり、果実ができるのはごくわずかです。国内では温室栽培が適当ですが、沖縄県では、路地の植栽ができています。

属名 Strongylodon は、strongyro 円 + odon 歯 の意味で、ガクの形に由来といわれます。種小名 macrobotrys は、大きい総状の、長い総の の意味で、花序の形からつけられています。 英名 Jade Vine 、和名は、そのジェイドバイン (翡翠+つる植物) の直訳から。

2006.03.-2012.03.-2015.02.06.Re
ヒスイカズラ Strongylodon macrobotrys A.Gray  撮影地:つくば実験植物園、他

このページのトップへ↑