イトヒメハギヒロハセネガ ( ヒメハギ科 )

イトヒメハギ 生薬名:オンジ( 遠志 ) [ 局 ] 用途:製造原料

イトヒメハギ( 糸姫萩 )は、中国北部からシベリヤなどに分布する多年草です。日本に自生はなく、セネガと近縁です。

草丈は20〜40cm程。茎は叢生し、葉は無柄で互生、葉身は線形で先は尖ります。5〜7月頃に茎頂に総状花序をつけ、淡青色から青紫色の花をまばらに咲かせます。

木質化する根茎を薬用とし、生薬名は遠志(おんじ)、サポニン成分を含有します。去たん薬として、また漢方では強壮、鎮静を目的に用いられます。

属名 Polygala は、polys 多い + gala 乳 の意味で、古代ギリシャで乳の出をよくするとみられた低潅木の名前から。種小名 tenuifolia は、tenuis 薄い、細い + folium 葉 からなり、薄い葉の を意味します。 日本にあるヒメハギは、ハギに似た花で小さいことから。そのヒメハギよりも葉が細いとして、イト(糸)ヒメハギの和名になっています。

なお、在来のヒメハギ Polygala japonica Houtt.は薬局方に収載されていませんが、民間で根を去たん薬として利用しました。

2013.04New-2015.02.06Re
イトヒメハギ Polygala tenuifolia Willdenow 撮影・東京都薬用植物園

ヒロハセネガ 生薬名:セネガ [ 局 ] 用途:製造原料

セネガ senega は、北米に自生する多年草で、北米先住民のセネカ Seneka 族に由来します。根をガラガラヘビの咬傷に解毒薬(効果は立証されていない)として利用していたとされます。 生薬セネガの基原植物のひとつ ヒロハセネガは、セネガの変種でやや葉の幅が広いことから名付けられています。 やはり北米原産の多年生草本で、冷涼な気候を好み、明るい林床などに自生しています。

草丈は30cm程度であまり大きくならず、茎は叢生します。葉は互生、無柄で葉身は広披針形、先は尖ります。 花期は初夏、茎頂に総状花序をつけ、淡緑白色の花弁の花を咲かせます。果実は扁平の円形で、ガクが残ります。

日本へは明治時代に入り、1900年代初頭からは国内で栽培が始まっています。薬用には木質化した根が使われ、去たんの効果があるセネガ末やセネガシロップとされます。 漢方薬としての利用はなく、製造原料として風邪薬などに配合されています。

和名は属名 senega を、そのまま使用。変種名 latifolia は、広葉の の意味。

2013.04New-2015.02.11.Re
ヒロハセネガ Polygala senega L.var.latifolia Torrey et Gray 撮影・東京都薬用植物園、他

このページのトップへ