ウラルカンゾウスペインカンゾウ マメ科

カンゾウ 生薬名:カンゾウ (甘草) [ 局 ] 用途:漢方薬・甘味料
生薬のカンゾウは、葛根湯や芍薬甘草湯をはじめとして、一般用漢方処方294処方※1のうち、約7割に処方されています。 最も重要な生薬のひとつで、主成分のグリチルリチン酸は、鎮痙・鎮咳・抗炎症などの効果があります。医薬品以外にも、医薬部外品や食品としての利用もされています。 グリチルリチン酸は、副腎皮質ホルモン様作用を示すところから、スキンケアクリームや練り歯磨きなどに配合されることがあります。 また、砂糖の200倍ともいわれる甘みがあるため、醤油を初めとした食品の甘味料としても使用されていて、利用される範囲は年々広まっています。

基原植物※2は、 ウラルカンゾウスペインカンゾウで、 それぞれの産地は、中国北部や地中海沿岸で自生または栽培をされています。日本の気候では露地植え栽培に適さず、多くは中国からの輸入に頼っています。 しかし、需要の拡大と自生地の減少により、中国産の輸入は徐々に困難になってきています。 製薬会社によっては中国以外の地域で栽培を行うなどの対策もしていますが、早急な栽培技術の確立が求められています。 現在、薬業関係だけでなく、他業種や一部自治体も加わって技術開発が進められているのは、カンゾウの持つ重要性を表しているといえます。

※1 294処方 : 210処方(2008年時)から見直しにより、2013年時点で厚生労働省に認可されている処方数。
※2 基原植物 : 生薬の基となる植物を指す。「起源」ではない。

ウラルカンゾウは乾燥した土地の植物であるため、主根は2mほどの深さまで伸びます。葉は奇数羽状複葉で互生し、草丈は50〜100cmになる多年生草本です。 小葉は、広楕円形で主脈位置より両側縁が高くなり縁は上下に波打ちます。スペインカンゾウに比べて、やや緑が濃く、マメの鞘には毛があります。 属名 Glycyrrhiza は、甘い根 の意味で、根やストロン(走出茎、ほふく茎)には強い甘みがあります。種小名 uralensis は、ウラル地方の、ウラル産の の意。
ウラルカンゾウ Glycyrrhiza uralensis Fisch. 撮影地:東京都薬用植物園

スペインカンゾウの小葉は、長楕円形で、ウラルカンゾウよりも小葉同士の間隔があきます。 花序も同様なため、ウラルカンゾウよりも細長い穂状になり、花の色は淡い赤紫色をしています。 マメの鞘には毛がなく、種小名 glabra は、このことからつけられたもので、毛のない、滑らかな、平らな の意味です。日本の輸入量は少量です。

2005.07.New-2012.10.Re
スペインカンゾウ Glycyrrhiza glabra L. 撮影地:東京都薬用植物園
このページのトップへ