クララ ( マメ科

クララ 生薬名:クジン( 苦参 ) [ 局 ] 用途:漢方薬 民間使用厳禁
クララは、大きいもので草丈1.5m程度になる多年草です。茎は叢生し、葉は奇数羽状複葉で互生します。 花期は、5〜6月、淡い黄色の蝶形花を穂状につけます。 豆果(とうか)は、円柱状で内部の種子によるくびれがあり、先端は細長く尖ります。

薬用には根を使用し、苦味健胃薬などに飲用します。毒性が強いため、分量を誤ると中毒症状を起こすので、民間での使用は厳禁です。 また、煎液を一部の皮膚疾患の外用に利用しました。他には、葉をそのまま、うじ虫の駆除に用いたこともあります。

欧米の女性の名前のように感じますが、日本語由来のものです。とても苦くて目がクラクラする程だということでつけられた「くらら草」の名前が由来になっています。 古名では、苦いので「参り草(まいりぐさ)」というものもあります。 生薬名は「苦参(くじん)」といいますが、もともとは「参」ではなく「浸」だったとされます。いくつか説がありますが、いずれも苦くて参ったという意味ではないようです。 属名 Sophora は、アラビア語の別種の名前を転用したとされます。種小名 flavescens は、黄色っぽくなる の意。

2013.05.24.New
クララ Sophora flavescens L. 撮影地・東京都薬用植物園

このページのトップへ↑