クズ  マメ科

クズ 生薬名:カッコン (葛根) [ 局 ] 用途:漢方薬・食品など
秋の七草のひとつに数えられる クズは、日本各地に自生する大型の藤本※1です。 昔は、葉を飼料とし、つるでかごを編み、つるの繊維は葛布(くずふ)※2を織る材料にしました。 また、根からはデンプン 葛粉(くずこ)を採るというように色々と利用されました。 現在では、そうした用途が少なくなり、自由に繁殖するため害草※3扱いされることも多くなっています。

前述のようにクズのつるは長く丈夫で、全体に黄褐色の毛を密生しています。葉は互生し、長い葉柄があり、三出複葉の小葉は長さ15cm以上になります。
8〜9月に葉腋から総状花序を立ち上げ、赤紫色の花をつけます。花には芳香があり、旗弁は、翼弁より赤紫色が淡く、基部には黄色い紋があり目立ちます。 花序の基の方から順に咲きあがる※4ので、長い期間咲き続けます。
穂状の花序のまま採取し乾燥したものは葛花(かっか)と呼ばれ、煎液は二日酔いに効果があります。

根は長く肥大して、繊維質が多く、良質なデンプンを蓄え、プエラリンなどの成分も含みます。根の外皮を取り除き、乾燥させたものが生薬の葛根で、5mm角程度に刻まれたものが流通しています。 葛根は、葛根湯の主剤とされるほか、発汗、解熱などの目的で漢方処方に配合されます。

民間では、葛粉をクズ湯※5として、風邪の引き始めなどに飲用しました。 葛デンプンは、根の採取や不純物を取り除くなど作業工程が多いため、純度の高いものほど高価になります。 本来の葛だけから採られたものは、本葛と呼ばれ、最近では、高級な和菓子の製造が主な用途になっているようです。 安価な市販品では、バレイショデンプンなどの代用品を配合しています。
クズ Pueraria lobata Ohwi.
撮影・東京都薬用植物園、他
※1 藤本 : とうほん。木本のつる性植物のこと。
※2 葛布 : 静岡県掛川市で作り続けられている。「かっぷ」ということも。
※3 害草 : 北米では、一時期、土壌流出防止や緑化のため、積極的に種子を蒔かれたことがあった。 現在では、繁殖力の旺盛さゆえに他の植物の成長を妨げる外来の強害草の扱いになっている。
※4 花序の画像では、基部は咲き終わり落花。先端部はまだ蕾の状態。
※5 クズ湯 : 葛粉に湯をそそぎ、砂糖や蜂蜜などをいれる。 練ると初め白濁していたものが半透明になる。これを暖かいうちに飲み身体を温める。

属名 Pueraria は、人名由来。種小名 lobata は、浅裂したの意。和名は、地名の国栖(くず)に由来するといわれる。
植物が、夜間、葉を閉じるなど就眠運動を行うことは良く知られます。これは炭水化物を効率よく作るため、より高い温度を維持する目的と見られています。 クズは、この運動を盛夏の昼間にも行うことがあります。夜間の就眠運動とは異なり、目的は強い日差しを避け水分の蒸発を減らすため。カタバミなどでも見られる現象です。

2007.01.New-2012.10.Re
このページのトップへ