オジギソウ(マメ科ネムノキ亜科)

オジギソウはブラジル原産で、草丈は30cm程度になります。 やや木質化した茎は斜上して、細毛におおわれ多くの硬いトゲがあります。葉は偶数羽状複葉で小葉は広線形、葉柄の先端部分に4枚が集まり掌状( 2対の複葉が対生 )につきます。

花期は夏から秋にかけて、葉腋につけた長い花茎の先に球状の花序をつけます。開花時の花序の径は1cmほど、淡い赤紫色の雄しべが目立つ一日花です。 花後にできる豆果は、莢の縁に剛毛がつき、なかには種子が3個程度入ります。

耐寒性がなく、日本(沖縄を除く)では越冬できず枯死します。本来は多年草ですが、園芸的には、秋に種子を採取して、春に播種する1年草の扱いになります。 硬いトゲがあり、こぼれ種が発芽することもあるため、植木鉢やプランター栽培での管理がおすすめです。水遣り以外は特に手間をかける必要はなく栽培は簡単です。
オジギソウ Mimosa pudica L. 撮影・東京都
属名 Mimosa は、人まね mimos が語源。オジギソウの小葉の一部に触ると、次々と閉じていく様子を人まねとしたもの。種小名の pudica は、内気な の意味。 別名 ネムリグサ または ミモサともいいます。なお、アカシア Acacia の仲間を ミモザと呼ぶことがありますが、ミモザ Mimosa はオジギソウ由来の学名なので間違っています。

オジギソウの葉を触ると、一瞬で小葉を閉じ、斜め下向きに垂れ下がることで知られます。多くの場合、花の鑑賞よりも、刺激運動の面白さから栽培されているのは間違いないようです。
植物の運動には、植物ホルモンによる方向性のある屈性と、決められた動きをする傾性運動に分かれます。 オジギソウの動きは、接触性傾性(傾触性)運動にあたります。たくさんの植物が行う光による傾性(傾光性)運動には、夜になるとゆっくりと葉を閉じ、朝に開く就眠運動があります。 オジギソウも就眠運動を行いますが、接触性傾性運動の場合、就眠運動では下げない葉柄まで下げます(画像 ○ 印部分)。2つの運動は動く速さが違うだけでなく、メカニズムも少々異なるようです。 なぜオジギソウが傾光性・傾触性と2種類の傾性運動をするのか、理由はまだ予想の域をでていないようです。

2004.07.-2009.03.-2015.02.09.Re

このページのトップへ