センナ マメ科ジャケツイバラ亜科

チンネベリー・センナ
アレキサンドリア・センナ
生薬名:センナ [ 局 ] 用途:薬用

チンネベリー・センナ は、アラビアからインドにかけて、分布・栽培される常緑低木です。 日本のような湿潤な気候よりも、乾燥気味の気候を好みます。また熱帯植物であるため耐寒性がなく、国内では越冬できない1年生植物の扱いになります。

高さ60〜80cm程度になり、葉は偶数羽状複葉で互生します。小葉は全縁、披針形で先が尖り、基部は非対称です。葉の裏面には、まばらに短い軟毛があります。 葉腋から花茎を伸ばし、茎頂に穂状花序をつけます。日本では盛夏に、黄色い蝶形の5弁花を咲かせます。
莢果は湾曲した偏平の長楕円形で、数個の種子がはいります。関東地方の屋外では、種子ができても完熟していないとみられ、多くは発芽に至らないとされます。

チンネベリー・センナの名前は、インド・チンネベリー地方で栽培されるため。種小名 angustifolia は、細い葉の意。別名 ホソバセンナ。
チンネベリー・センナ 撮影・東京都薬用植物園
Senna angustifolia  syn. Cassia angustifolia Vahl

日本薬局方に収載されている、もうひとつの基原植物のアレキサンドリア・センナは、ナイル川周辺に分布し栽培されています。 その名称は、アレキサンドリア港から船積みされたことによります。

葉は偶数羽状複葉で互生、小葉は全縁、披針形で先が尖り、基部は非対称です。花は黄色で花柄がチンネベリー・センナより長くなります。 小葉の数、莢果の種子の数など、チンネベリー・センナよりやや少なく、小型とされます。種小名 acutifolia は、尖った葉の意。
アレキサンドリア・センナ Senna acutifolia  syn. Cassia acutifolia Delile

チンネベリー・センナアレキサンドリア・センナの小葉が、生薬センナとなります。 センナには、成分センノシドが含まれ古くから緩下剤として利用されてきました。緩下剤としては、センノシドそのものよりも、腸内細菌・ビフィズス菌などによって分解されたのちの成分がはじめての効果を発揮するというものです。 その緩下に効果のある成分は、そのままを経口で用いると嘔吐するという副作用があります。しかし腸で分解される前のセンノシドにはそうした副作用はなく、薬用成分を必要な大腸まで届けることができます。 今でこそ、必要な場所に薬を届けるという考え方がありますが、センノシドは、知らずに使っていた天然のプロドラッグだったといえます。
なお、センナの薬用部位は、葉軸を含む小葉であり、茎は対象外で食品としての扱いになり、健康食品に配合しても問題ないとされます。

 プロドラッグ : そのままでは活性の低い薬が、生体に代謝されて活性な代謝物になり、効果を表す医薬品のこと。

2013.05.New-2015.02.12.Re

センナの分類について
チンネベリー・センナアレキサンドリア・センナは、形態の差異、成分的な違いがごくわずかといわれています。 学名を Senna alexandrina Mill.として、シノニム Senna acutifolia 、Senna angustifolia とする記述もあります。従来の内容を書き換えた理由と、今後、確認ができたのちに、再度の変更の可能性があることを書き留めます。


このページのトップへ