アカネスミレアリアケスミレヒカゲスミレタカオスミレヒメスミレマルバスミレ
コスミレノジスミレ(フイリ)ヒナスミレ複葉性スミレ (エイザンスミレ他)
(スミレ科)

アカネスミレ(茜菫)は、日本全土の日当たりの良い林縁や道端などに生えます。 葉は卵形から長三角形まで変化が多く、先は尖らず丸くなり、両面とも短毛が密生します。 普通、花は茜色ですが、青味の強いものや淡いものなどもあります。花の側弁は有毛。距はやや長く、花柄とともに短毛があります。
種小名 phalacrocarpa は、「果実に毛のない」の意味。実際には、果実には短毛が密生するので、実態と異なる学名です。
アカネスミレ Viola phalacrocarpa Maxim. 撮影・茨城県
アリアケスミレ(有明菫)は、日当たりの良い、やや湿り気のある場所に生えます。 花期の葉は線形で、明るい緑色、葉柄には翼があります。花は白色に近いものから淡紫色まであり、和名は、この変化を有明の空に例えてつけられました。
花弁には毛が多く、側弁だけでなく上の花弁にもあります。花弁基部は、わずかに緑色を帯び、距は淡緑色をしています。 スミレ mandshurica に似ますが、葉の数が多く、また上の花弁にも毛があることで見分けられます。
種小名 betonicifolia は、「ベトニカの葉のような」、変種名 albescens は、「帯白色の」の意味。
アリアケスミレ 撮影・東京都薬用植物園
Viola betonicifolia Smith var.albescens (Nakai) F.Maekawa et Hashimoto
ヒカゲスミレ(日陰菫)は、半日陰に自生します。根により広がり増えるため、花をつける個体の方が少ないようです。 葉は、明るい緑色で、粗い鋸歯があり、葉柄に翼はありません。花弁は、紫色のすじが目立ち、縁は波打ちます。距は、太くて長く、通常、側弁の元に毛があります。全体に白い軟毛が目立ちます。
種小名 yezoensis は、「蝦夷の」の意味
ヒカゲスミレ Viola yezoensis Maxim. 撮影・東京都御嶽山
タカオスミレ(高尾菫)は、ヒカゲスミレの品種で、特徴は花期の葉の表が濃い茶色になること。 花後の葉は、ヒカゲスミレと同じ緑色になります。名前は、東京・高尾山でみつかったことからつけられています。品種名 discolor は、異なった色の。

追記 画像の個体程度の葉色では、ヒカゲスミレの葉が少し茶色くなったものというのが正しいようです。タカオスミレと判断できる葉と花を付け加えました。
タカオスミレ Viola yezoensis Maxim.f.discolor 撮影・東京都御嶽山
ヒメスミレ(姫菫)は、道端などの日当たりの良い、やや乾燥した場所に生える多年草です。種小名 minor (より小さい)の通り小型です。 葉柄に翼がないので、スミレ mandshurica と区別できます。普通、全体的に無毛、葉身は三角型の披針形で鈍頭、葉裏は暗紫色になります。 花冠は1〜1.5cmで濃紫色、側弁の基部は有毛です。

人の生活圏だけでみられることから、帰化したものとも見られています、また、種として認める説と、タイワンコスミレの亜種とする説があります。
Viola confusa ssp.nagasakiensis



マルバスミレ(丸葉菫)は、日当たりの良い場所から半日陰までの土手や林床に生えます。 高さは5〜10cm程度。葉身は卵形、基部は心形で、全体に丸みを帯びています。マルバスミレの名前は、この葉の形から。
もともとは葉裏などに毛があるものを、ケマルバスミレと呼び、無毛のタイプをマルバスミレとしていました。 しかし、全くの無毛タイプはほとんどないとされ、今では区分しないで、あわせてマルバスミレの呼称になっています。
ヒメスミレ Viola minor ( Mak.) Mak.撮影・東京都
マルバスミレの花弁は白色で、縁が重なり合うことで、花冠は丸くなります。 花弁の質はやや薄く、縁は波打ち、唇弁には紫のすじがあります。側弁は、普通、無毛ですが、有毛タイプ( ヒゲケマルバスミレ f.barbata )もあります。

種小名 keisukei は、人名から

2014.01.06
マルバスミレ Viola keisukei Miq.撮影・東京都
コスミレは、人里周辺に多く、半日陰から日当たりの良いところまで環境に適応して生育します。 名前はスミレより小さいものとつけられていますが、花つきが良いスミレで、全体的にはスミレよりも大きく見えます。

葉は、長卵形で、やや白味を帯びた緑色で、葉の裏面は、紫色を帯びるものが普通です。花弁の色は、アカネスミレよりも淡い淡紫色で、側弁は有毛・無毛とあります。
コスミレは、個体差が多く、標準的なタイプの他に、花弁の色が濃いもの、また葉に毛が散生するものなどあります。スミレの中でも変異が多い種といわれます。
コスミレ Viola japonica 撮影・東京都
ノジスミレは、山の中ではなく、人里の周辺でよく見かけます。 日当たりのよい畑の周辺など、やや乾燥気味の場所を好み、スミレより少し早く咲きます。
花期の葉は長披針形で小鋸歯があり、縁は波打つこともあります。しばしば葉の裏面は紫色を帯び、葉身の基部は先端に向かって巻き上がります。葉柄の翼はほとんどなく、花茎も含めて、全体に微毛に覆われます。 花弁は波打つこともあり、ややシャープさに欠け、普通、側弁は無毛です。距は細長く、花弁と同色になります。 分布は、本州から九州まで。

リュウキュウコスミレは、九州より南にあってノジスミレの変種とされます。 沖縄では個体数の多いスミレで、人家周辺の向陽地を好みます。葉は、ノジスミレの花後の葉のように三角状の披針形をしていて、葉柄には幅の狭い翼があります。 花は母種に似て、側弁の毛はなく、距は細長く、花弁と同じ色になります。
ノジスミレ Viola yedoensis Makino 撮影・東京都
リュウキュウコスミレ Viola yedoensis var.pseudo-japonica 撮影・沖縄県、他
ヒナスミレは、半日陰に多く、花数が少なく花茎が短いため、やや見つけにくいスミレです。花は、淡い紅紫色で美しく、側弁は有毛、距は花弁と同じ色をしています。
葉は、広披針形で先が尖り、鋸歯があります。両面に粗毛があり、葉を水平に広げるという特徴があります。

フイリヒナスミレは、葉脈に沿って斑がはいるタイプで、葉の色は暗緑色を帯びます。

種小名 tokubuchiana 変種名 takedana は、いずれも人名由来、品種名 variegata は、斑入りのの意味。

2014.07.28.Re
ヒナスミレ Viola tokubuchiana var.takedana 撮影・東京都
フイリヒナスミレ Viola tokubuchiana var.takedana f.variegata 撮影・東京都
スミレ属 TOP へ エイザンスミレヒゴスミレは、 複葉性スミレ
このページのトップへ