複葉のスミレ エイザンスミレヒゴスミレス (スミレ科)

複葉のスミレは、エイザンスミレ、ヒゴスミレ、対馬に自生するナンザンスミレが知られています。 分類は、まだ確定とはされず、通常、エイザンスミレとナンザンスミレが独立種、ヒゴスミレは、ナンザンスミレの変種あるいは品種とされています。 また、他のスミレ属と同様に交雑をすることがあり、そうした交雑種も葉に切れ込みがあります。
エイザンスミレ (叡山菫)は、複葉性のスミレとしては最も普通に見られるもので、本州から九州にかけて分布しています。 日陰を好み、山の陰地や針葉樹林下などに生えますが、半日陰で見ることもあります。
葉は、大きく3深裂し、それぞれの裂片は、さらに細かく裂けます。側片が2裂して5裂に見えるものもあります。一般的にスミレ属は、花期と花後の葉が異なります。 エイザンスミレの花後の葉も、10cm程の長さになり、裂片が細かく裂けることはなく3裂する程度になります。(※葉の裂け方には、個体差・地域差があります)
花は、2〜2.5cmと大きく、淡紅色で側弁基部は有毛です。唇弁には紫色の、上弁・側弁には淡紅紫色のすじが入ります。 花弁の縁は波打つことがあり、距は先がやや膨らみます。
別名 エゾスミレ(蝦夷菫)

エイザンスミレの白花品を、シロバナエゾスミレ(白花蝦夷菫)といいます。

エイザンスミレの赤花品?について
葉の形が地域のエイザンスミレと同様で、側弁も有毛であることから、エイザンスミレの赤花品と判断しました。
エイザンスミレ  撮影・東京都
Viola eizanensis (Makino) Makino
シロバナエゾスミレ 撮影・埼玉県
Viola eizanensis (Makino) Makino f.candida Hiyama
エイザンスミレの赤花品? 撮影・東京都

ヒゴスミレ の分布域は広い範囲でエイザンスミレに重なりますが、全体に南側に位地がずれます。 植物体のサイズはエイザンスミレをひと回り小さくしたくらいで、エイザンスミレと異なり、日当たりの良い落葉樹林下などに生えます。
葉は3裂して、側片が2深裂しますが、ほとんど基部まで5深裂したようになります。裂片の切れ込みは、エイザンスミレより深く、幅も狭くなる傾向があります。 花後の葉は、やはり大きくなり、切れ込みの幅も広くなります。花は白色、花弁は丸く、縁が重なります。唇弁に赤紫色のすじが、上弁にはごく淡いすじが入ります。側弁は有毛。
学名は変種( var.〜)として記載。品種とする場合は、f.sieboldiana となります。
ヒゴスミレ  Viola chaerophylloides W.Becker var.sieboldiana Makino 植栽品
スミレ属 TOP へ
このページのトップへ