キスミレエゾキスミレオオバキスミレ (スミレ科)
キスミレ は、本州の中部以西の太平洋側と九州に点在しています。 日当たりのよい低山の草原に生え、日本列島が大陸とつながっていたころの遺された植物とみられています。
他のスミレ属と比べると、葉の割りに花が大きく 1.5〜2.0cm程。また、唇弁が側l弁・上弁よりも小さくなっています。花弁は黄色で、こげ茶色のすじが入ります。 このグループは、距が短く、側弁基部は有毛、雌しべの上部側面にも毛があります。
キスミレ  Viola orientalis (Maxim.) W.Becker 撮影・筑波実験植物園
オオバキスミレ は、日本海要素の植物のひとつで、北海道から本州・島根県付近までの日本海側に自生します。 雪国のすみれの代表で、積雪が1m程度の地域に多いとされます。
草丈は、10〜30cm、葉はキスミレより大きく、質は薄く、葉脈が凹むのでハッキリと見えます。花はキスミレよりも小さく、1.5cm程度です。
種小名 brevistipulata は、「短い托葉の」の意味。


オオバキスミレ 撮影・箱根湿生花園
Viola brevistipulata
  (Fr.et Sav.) W.Becker
エゾキスミレ は、オオバキスミレの亜種とされる、北海道の高山の岩場に生える小型のスミレです。
葉は厚く、葉身は細長い心形、葉の表面は暗緑色で光沢があります。葉裏や葉脈、葉縁は、暗紫色になります。短い距、側弁基部と雌しべ上部側面の有毛は、オオバキスミレと同様です。


エゾキスミレ
Viola brevistipulata ssp.hidakana
撮影・明治薬科大学薬用植物園
スミレ属 TOP へ
このページのトップへ