タカネスミレ (スミレ科)

タカネスミレ(高嶺菫)は、日当たりの良い高山帯の砂礫地にある多年草です。 葉は厚く、濃緑色で光沢があり、腎形をしています。平開しないで巻きこみロート状になります。 タカネスミレには、4亜種を含んだ広義の見方と、東北地方の高山に産するものを指す狭義の見方とあります。狭義のタカネスミレだけ、葉柄と葉の基部が有毛です。
花弁は、唇弁が大きく、側弁は上方に向き、基部は無毛です。雌しべの先端は、両側に張り出し、狭義のタカネスミレのみ、上部側面に毛があります。 以上のことから、画像の個体は、狭義のタカネスミレとみられます。
種小名 crassa は、厚いの意味。
タカネスミレ Viola crassa Makino 撮影・箱根湿生花園

スミレ属 TOP へ
このページのトップへ