アオイスミレニオイスミレ (スミレ科)
アオイスミレ は、春、最初に咲き出すスミレのひとつで、湿った林床や沢沿いなどに自生します。 全体に軟毛が多く、葉は丸型で、花は、あまり花茎を伸ばさず、葉の上に乗るようにして咲きます。花弁は淡い紫色、ずんんぐりとした距の先は、上を向き、雌しべの先はかぎ状に曲がります。

アオイスミレは、他のスミレのように種子をはじき飛ばすことをしません。軟毛に覆われた球形の果実は、ほとんど地面の近くにあって、種子はこぼれ落ちるだけです。 蟻が種を運ぶ点は、他のスミレと同じですが、種子の種枕(エライオソーム)は、他のスミレより大きくなります。
和名は、葉が、フタバアオイに似ているとしてつけられたものです。
アオイスミレ Viola hondoensis W.Becker et H.Boissieu 撮影・東京都御嶽山

ニオイスミレ は、ヨーロッパから西アジア原産で、アオイスミレに近縁の外来種です。 植栽品の場合、特に花期が早く12月から咲き始めることもあります。花数は多くないが、花期も長く、翌年の4月まで次々と咲き続くこともあります。

葉は丸型で軟毛があります。花弁は、紫色から濃い赤紫色、距は太く、柱頭は、かぎ状にまがります。アオイスミレ同様、果実は球形で、種子を弾き飛ばすことはしません。

ヨーロッパでは、切花としたり、全草からニオイスミレ油を採取して香料として利用しました。
種小名 odorata は、「芳香のある、香りの良い」の意味。

2013.11.22.New
ニオイスミレ Viola odorata L. 撮影・東京都薬用植物園
スミレ属 TOP へ
このページのトップへ