ニョイスミレ (スミレ科)
ニョイスミレ (如意菫)は、ほぼ日本全土に生える多年草です。日当たりの良い畦や、沢沿いなど湿り気のある草地を選びます。 茎は、立ち上がらず、横に寝る傾向があります。葉は、無毛で心形から腎形、縦より横幅の方があって基部は深くくぼみます。
花期は遅い方で、花は、地上茎のある種類のなかでは、最も小さいとされ1cm弱のサイズです。花茎を高く立ち上げ、花弁は、普通、白色で紫のすじがあります。距は小さく、側弁は有毛です。
「如意」は、葉が仏具の形状に似ているからとする説があります。別名・ツボスミレ(坪菫)、坪は庭のことで、どこにでもあるといった意味合い。
種小名 verecunda は、「内気な」の意

なお、湿地に生えるニョイスミレの変種で、葉がブーメラン型になっているものを、アギスミレ(顎菫)といいます。

ニョイスミレ Viola verecunda A.Gray
撮影・東京都青梅市

2013.11.27.

スミレ属 TOP へ
このページのトップへ