ナガバノスミレサイシンスミレサイシン (スミレ科)
ナガバノスミレサイシン は、日本海側のスミレサイシンにたいして、関東以西の太平洋側に自生します。 よく見られるのは春先の山の湿った半日陰など。花の時期には、まだ葉が十分展開せずに、巻いていることがあります。開くと細長い心形になります。 浅い鋸歯があり、葉の裏面は紫色を帯びます。
花は淡い紫色が多く、側弁に毛はなく、距は太くて短いものになります。雌しべ柱頭の先はくちばし状に尖っています。 花後の葉は、葉柄がのび、大きなサイズで、枚数も多くなります。
根は、スミレサイシンよりも細いのですが、同様に、食用にできるとする説もあります。bissetii は、人名。
ナガバノスミレサイシン  Viola bissetii Maxim. 撮影・東京都御嶽山
スミレサイシン は、日本海側に自生します。 生育環境や、花の形は、ナガバノスミレサイシンに似ています。葉身は、先の長い心形。根が太くて長くなります。根を山菜として摩り下ろして、食用にすることもあります。 サイシン(細辛)の名前は、夏にでる葉が、ウスバサイシンに似ていることから。vaginata は、さや状の。
スミレサイシン  Viola vaginata Maxim. 植栽品
スミレ属 TOP へ
このページのトップへ