タチツボスミレオトメスミレナガハシスミレ (スミレ科)
ニオイタチツボスミレイソスミレ
タチツボスミレ(立坪菫)は、環境への適応範囲が広く、日本で最も普通にみられる種です。 花期の葉は、心形で、先が細くなります。地上茎があり、初めは目立ちませんが、後に横や斜め上に伸びます。 花は、根元から花柄を立ち上げるものと、茎の葉腋につくものの両方があり、同時に開花します。
花弁は淡い紫色、側弁は無毛で、距は細長く、花弁よりやや濃い紫色を帯びます。 托葉には、櫛状に深い切れ込みがあるのが、タチツボスミレ節(スミレトップページでは近似の意味合いで類と表示)の特徴です。
種小名 grypoceras は、「曲がった角のある」の意味。

 節 : 属の中で類似の種をまとめて行う補助的分類群の呼称。
タチツボスミレ  Viola grypoceras A.Gray 撮影・東京都青梅市
オトメスミレ (乙女菫)は、タチツボスミレの白花品種で、距がわずかに紫色を帯びるタイプをいいます。
オトメスミレ  Viola grypoceras A.Gray f.purpurellocalcarata 撮影・筑波実験植物園、他
ナガハシスミレ(長嘴菫)は、主に、北海道から本州の日本海側に生えています。 距が長く、別名テンングスミレ(天狗菫)ともいいます。
葉は、先の尖った心形、タチツボスミレに比べて、質はやや厚く光沢があります。花弁は、やや赤味がかった淡紫色で、側弁は無毛です。
種小名 rostrata は、「くちばし状の」の意味。


ナガハシスミレ
Viola rostrata Pursh
撮影・筑波実験植物園
ニオイタチツボスミレ は、日本全国の明るい草原などに自生します。 葉は、心形で先は丸くなる傾向があります。普通、茎や葉には短毛が、花柄にもわずかに毛がありますが、無毛のタイプもあります。
花は濃紫色から紅紫色まであり、側弁は無毛。花弁の幅が広く先は丸く、重なり合って咲きます。 花色が濃いため、花弁基部付近の白い部分が目立ちます。
名前の通り、芳香があります。種小名 obtusa は、「鈍形の」の意味。
ニオイタチツボスミレ Viola obtusa Mak. 植栽品
イソスミレ(磯菫)は、海浜性で主に日本海側に生えます。別名セナミスミレ。 茎葉は、普通、無毛。葉は心形で、厚く光沢があり、内側に巻きます。
花冠が2〜2.5cmと大きく、普通、紅紫色をしています。花弁は丸く、縁が波打つものもあり、側弁は無毛。種小名 grayi は、人名から。
イソスミレ 撮影・明治薬科大学植物園
Viola grayi Franch. et Savat.
スミレ属 TOP へ
このページのトップへ