オキナワスミレオリヅルスミレ (スミレ科)
オキナワスミレ (沖縄菫)は、沖縄本島の一部にのみ産する種で、潮風の当る海岸の岩場に生えています。 もともと個体数が少なく、絶滅危惧IB類( EN )の指定を受けています。高さは、5〜10cm程度。葉は心形で無毛、表面は濃緑色で艶があります。花弁はごく淡い紫色、側弁は無毛です。 葉がロゼット状に展開し、花後には地上茎がのび、先端に株をつくるという特徴があります。
種小名 utchinensis は、沖縄の。ウチナー(沖縄)由来。
オキナワスミレ Viola utchinensis 撮影・筑波実験植物園
オリヅルスミレは、新種として発表されたときには、自生地がダムによって水没し、野生絶滅( EW )となりました。 時前に採取されていた個体を元に、栽培保全されています。花弁の形は細長く、花は白色で赤紫のすじが入ります。
和名は、ウラジロスミレ類の特徴であるストロン(匍匐枝)を伸ばし、先端に新しい株をつける姿を折り鶴にみたてての命名です。種小名 stoloniflora も「匍匐枝の花」で、ストロンからきています。

2013.11.27.
オリヅルスミレ Viola stoloniflora  撮影・筑波実験植物園
スミレ属 TOP へ
このページのトップへ