スミレ (スミレ科スミレ属)

スミレの仲間は可憐なイメージがありますが、結構たくましい面も持っています。道路わきや、舗装されていない駐車場など、宅地化された地域でも数種類が自生しています。 日本は特別にスミレの種類が豊富な場所で、地域によっては亜種・変種・交雑種が混生しています。アマチュア植物学者の存在も多く、おかげで研究も詳細に行われている分野です。 ただ、自生種には、植物園と違って名札がなく、素人の身には見分けがつかないものが多くあります。間違いのあった場合にはご指摘を頂ければ幸いです。
青太文字名は掲載済みの種。その他のリストは、掲載見込みの種を記載しています。
スミレ属の分類は、主に、いがりまさし氏著「日本のスミレ」山と渓谷社刊を参考にしました。
無茎種 : 根元から葉や花柄が直接でるタイプ。 / 有茎種 : 地上茎があるタイプ。


ミヤマスミレ類
スミレmandshuricaを除く
アカネスミレアリアケスミレヒカゲスミレタカオスミレヒメスミレ
マルバスミレコスミレノジスミレヒナスミレ
[ 複葉性スミレ ] ヒゴスミレエイザンスミレ、ナンザンスミレ
スミレサイシン類 アケボノスミレ、スミレサイシンナガバノスミレサイシン


ウラジロスミレ類 オキナワスミレオリヅルスミレ
ニョイスミレ類 ニョイスミレ、タチスミレ
タチツボスミレ類 タチツボスミレオトメスミレニオイタチツボスミレナガハシスミレ
イソスミレ
ニオイスミレ類 アオイスミレニオイスミレ
キスミレ類 キスミレオオバキスミレエゾキスミレ
キバナノコマノツメ類 タカネスミレ、キバナノコマノツメ

スミレという呼称は、グループの総称であると同時に、スミレ mandshurica という種の名称でもあります。 ほぼ日本全国に自生し、人の生活圏にあることが多く、日当たりの良い場所を好みます。 時にはブロック塀とアスファルトの隙間に生えていることも見受けられます。
草丈は、10cm前後。葉は斜上に伸び、鋸歯は、浅くまばら。花期の葉は、披針形で先は丸く、基部は切り型に近い形になります。 はっきりとした翼のついた葉柄があり、普通、無毛ですが、微毛が生えることもあり、多少の変異があります。

花弁は、赤紫色から濃紫色で、普通、側弁に毛があります。唇弁の中央部分は白色で、紫のすじが入ります。 柱頭はカマキリの頭型をしています。
スミレ Viola mandshurica W. Becker 撮影・東京都
このページのトップへ