トウゴマ ( トウダイグサ科

トウゴマ 生薬名:ヒマシ油 [ 局 ] 用途:製薬等の原料 有毒植物
トウゴマ( 唐胡麻 )は、インドから北アフリカにかけてが原産地とみられています。 日本では大型の1年草扱いですが、自生地では常緑の多年草になります。一属一種で、別名、ヒマ(蓖麻)。

草丈は直立して2m、ときには4mにもなります。葉は互生、掌状に深く7〜10裂して、裂片には鋸歯があり、葉の径は30〜40cmほどあります。葉柄は長く、葉の中央に盾型につきます。
花期は、6〜9月、ガクは緑色で、3〜5枚、花弁はなく、花序は総状花序になります。上部に雌花群、下部に雄花群という特徴があります。 雌花の柱頭は赤色で、3列します。雄花には、沢山のおしべがあり、花糸は分岐して淡黄色の葯をつけます。
 他の植物では、上部に雄花、下部に雌花という配列が多い。

果期は7〜10月で、長さ1cmほどのやや扁平な楕円体の種子が採れます。種子は褐色で、表面には文様があります。 種子には猛毒のリシン ricin が含まれているため、取り扱いには注意が必要です。
種子を圧搾して得られる脂肪油はヒマシ油(蓖麻子油)と呼ばれ、医療では峻下剤(激しい作用のある強力な下剤)として用いられてきました。 他にはポマードのような整髪料や、潤滑油などに利用されています。
学名 Ricinus は、「ダニ」・・・種子の形態をダニに見立てた、communis は、「普通の」 の意味。

2013.10.04.New
トウゴマ Ricinus communis L. 撮影地・小石川植物園、他

このページのトップへ↑