アンズ / モモ  バラ科

スモモ、サクラの仲間、アンズ、モモは、食用や鑑賞などで利用されることが多く、従来は、同じ分類の Prunus 属として知られてきました。 Prunus は、もともとはスモモ属の意味ですが、日本では馴染みやすいサクラ属に名称を言い換えられていました。近年、APG分類では見直しがされ、それぞれが別の属として再分類されました。 Prunus は本来の意味のスモモ属に、ヤマザクラなどのサクラ属は Cerasus に、アンズとモモは、アンズ属 Armeniaca とモモ属 Amygdalus とされています。

 アンズ  生薬名:キョウニン(杏仁 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

アンズの名前は、漢名の「杏子」をそのまま和名にしたものです。古名は、カラモモ(唐桃)。 中国原産の落葉小高木で、奈良時代に渡来したとみられています。 葉柄は2〜3cm、葉身は卵円形で鋸歯があり互生します。春 3〜4月ごろ、葉が出る前に、白色〜淡い紅色の5弁花を咲かせます。 花は同属のウメに似て、花弁の先は丸く、雄しべは多数あります。ガク片は赤色で反り返り、花柄は無く、枝に直接つきます。 果実は球形で、6〜7月に熟すと橙黄色になり、果肉には酸味があります。生食や干し杏子、ジャム、果実酒などに加工して利用されています。

果実には、核果と呼ばれる堅い内果皮があり、核果のなかの種子を薬用とします。熟した果実から種子を採取し、干したものが生薬名を杏仁(きょうにん)といい、青酸配糖体のアミグダリン amygdalin を含んでいます。 アミグダリンは、微量で呼吸興奮を起こすことから、鎮咳薬として喘息のための漢方に処方されています。また、呼吸困難の場合のキョウニン水の原料に用いられます。

日本で一般的にいう杏仁豆腐(あんにんどうふ)は、粉末にした杏仁(きょうにん)を入れて作ります。本来は薬膳料理の一種でしたが、今ではデザートとして見られることが多くなっています。 デザートの場合は、杏仁の香りがついているという程度になっています。

学名の Prunus armeniaca (アルメニアのスモモの意味)は、アルメニア原産と思い違いをしてつけられたものです。変種名 ansu は、アンズ から。APG分類の種小名 vulgaris は、一般の の意味。

小高木 : 樹高5m以上の樹木を高木というが、5〜10mのものを小高木という。

アンズの林・・・杏林(きょうりん)の故事
呉の国の医者・薫奉(とうほう)は、貧しい者からは治療代を受け取らず、代わりにアンズの苗木を植えさせた。やがて苗木は生長し、見事なアンズの林になった。 ・・・・ この中国の故事から、名医を杏林と呼ぶようになったということです。
アンズ Armeniaca vulgaris Lam.( Prunus armeniaca L.var.ansu Maxim.) 撮影・東京都薬用植物園

 モ モ  生薬名:トウニン( 桃仁 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

モモの種小名 persica は、ペルシャ産の意味ですが、実際にはアンズと同じで、中国原産の落葉小高木です。 葉は互生で1cm程度の葉柄があり、葉身は被針形、春、葉が展開する前に淡い紅色の5弁花を咲かせます。花径はアンズより大きい 3〜4cmで、花弁の先はやや紡錘状気味に尖ります。 雄しべが多数あり、花糸は花弁よりも濃い色合いになり、満開の時期は華やかです。7〜8月に熟す果実は大型でみずみずしく、果皮の表面には細毛が密生します。

薬用にされるのは、アンズ同様に種子の部分(右画像)で、生薬名を桃仁といいます。杏仁よりも大きく扁平で、同様にアミグダリンが薬用成分になります。 成分は似ていますが、桃仁と杏仁は用途が異なり、桃仁は駆於血、通経、緩下のために処方されています。
また、葉にはタンニンなどが含まれていて、湿疹やあせもに効果があり、抽出した成分がローションにされることもあります。乾燥した葉を適量、布袋などに入れば、そのまま入浴剤として利用できます。

桃は鑑賞や食用を用途として栽培されてきましたが、古い時代には、特別な意味を持つ果実とされていたようです。 近畿の古墳時代の遺跡からは、大量の桃の種が発見されています。悪霊を払い不老長寿をもたらすものとして、祭祀に使われたとみられています。 属名 Amygdalus は、アーモンドの古名に由来。

2003.05.New-2012.11.-2015.02.12.Re

桃の咲かない桃の節句
もともとの桃の節句は、旧暦3月3日。現在の4月初め頃にあたり、新暦の3月3日には桃の花は、まだ硬い蕾の状態です。
モモ Amygdalus persica Linn.( Prunus persica Batsch.) 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ↑