ビワ (バラ科ビワ属)

ビワ 生薬名:ビワヨウ(枇杷葉)[局] 実:食品 葉:薬用

初夏の味覚のひとつ ビワ は、樹高10m内外になる常緑高木です。国内では埼玉県周辺が北限といわれ、石灰岩質の土地に好んで分布します。 本来のビワ属は日本では本種1種だけです。イヌビワなど、ビワの名がつくものがいくつかありますが、クワ科イチジク属やその他の科のものになります。

葉は互生し、長楕円形で長さ20cm程度、先は尖り、葉縁の鋸歯は波状になります。質は厚く堅く、表面はツヤがあり、側脈が凹むことによる明瞭な凹凸があります。 葉の裏面には細毛があり、葉脈が隆起しています。花期は11月から1月の寒い時期で、茎頂の円錐花序に白い5弁花をつけます。 花弁の先端はわずかに切れ込みがあり、ガク片や花序の茎には、褐色の軟毛が密生します。虫媒花ですが、小鳥もポリネーターとなります。自家受粉も可能とされ、1本でも結実します。 種子からの発芽も容易ですが、実がなるまでは7〜8年を要します。

ビワの果実は偽果で、食用にしているのは、花托にあたる部分が肥厚したものです。果実が熟すのは、5〜6月。卵形の橙黄色で、果皮は全体に短毛に覆われています。 果肉は、程良い甘味みとほのかな酸味がありますが、種子が大きいため、可食部分がやや少なく感じられます。
葉には、アミグダリン、タンニン、ビタミンB12などが含まれ、鎮咳、去痰、健胃の目的で用いられます。また、皮膚炎、あせもには、浴用剤として利用できます。

名前の由来は、果実の形が、楽器の琵琶に似ているとしてつけられました。和名は漢名の枇杷(琵琶)の音読みから。 属名 Eriobotrya は、erion 軟毛 + botrys ふさ。果実が房状になり、表面が軟毛でおおわれることから。

 日本薬局方外生薬規格集[局外]から、日本薬局方収載品[局]に変更

2006.12.New-2015.02.14.Re
 ビワ Eriobotrya japonica Lindl.撮影・東京都

このページのトップへ↑