ドングリ 各種  (ブナ科)

ブナ科の在来種は、ブナ属  2種、クリ属 1種、シイ属 1種、マテバシイ属 2種、コナラ属 15種(アカガシ亜属 8種、コナラ亜属 7種)の、計21種あります。 その硬い果実、堅果(けんか)は、ドングリという総称で呼ばれます。ドングリは、各種の椀状または球状の帽子をかぶっています。この帽子は、苞葉が集まってできた器官で、殻斗(かくと)といいます。 殻斗には鋭い針状の突起があるもの、鱗片状、あるいは輪層状になるものなどがあります。堅果の包み方にも、小さく浅いもの、深くかぶるもの、全体を被うものなどの特徴があります。

 クリ属は母種 1種とし、シイ属は種内変異としてまとめて 1種としています。 変更・訂正の可能性があり、また、分類未確定のものは、種数から除外しています。

ブナ属
ブナ  Fagus crenata
標高 1000m付近から見られます
イヌブナ Fagus japaonica
ブナより、やや標高の低い地域に自生します

完成未定


クリ属
クリ Castanea crenata (栽培品種)と
変種の トゲナシグリ  var.sakyacephala
普通、見るのは、自生種からできた栽培品種
北米の小さな野生栗
チンカピン Castanea pumila
堅果の形がドングリの仲間と分かります

シイノキ属
生食もできる スダジイ
 Castanopsis cuspidata var.sieboldii
つぶらな瞳のツブラジイ(コジイ)
 Castanopsis cuspidata var.cuspidata

完成未定


マテバシイ属
本来の自生は、暖地とされますが、
植栽により、ごく普通に見られます。
この属は、基部が湾入します。
尻深樫の名前は、そこから。
マテバシイ Pasania edulis
シリブカガシ Pasania glabra

コナラ属 (アカガシ亜属)
アカガシ亜属とされるものは、いずれも、殻斗が輪層状になります。
殻斗のかぶり方、輪層の数やビロード状短毛の有無などの違いがあります。
アカガシ Quercus acuta
シラカシ Quercus myrsinaefolia
堅果の上部に短毛がつきます
イチイガシ Quercus gilva
関西に普通なドングリ、シラカシより色が黒い
アラカシ Quercus glauca
ツクバネガシ Quercus sessilifolia
ウラジロガシ Quercus salicina
オキナワウラジロガシ Quercus miyagii

コナラ属 (コナラ亜属)
コナラ亜属の殻斗は、鱗片状、あるいは突起に被われます。
ウバメガシは常緑樹ですが、その他は落葉広葉樹です。
コナラ Quercus serrata
ウバメガシ Quercus phillyraeoides
ミズナラ Quercus mongolica var. groosseserrata
クヌギ Quercus acutissima
ナラガシワ Quercus aliena
アベマキ Quercus variabilis

国外のコナラ属
北米 ピンオーク Quercus palustris
北米 レッドオーク(アカガシワ) Quercus rubra
2015.12.New-2017.01Re
このページのトップへ↑