ゴレンシ(五歛子)ナガバノゴレンシ (カタバミ科)

日本のカタバミ科は草本だけですが、ゴレンシ 五歛子 は常緑の木本です。 独特の形をした果実は食用になり、熱帯から亜熱帯の地方で広く栽培されています。東南アジア(ジャワ島)原産とみらていれますが、詳細は不明です。

葉は奇数羽状複葉、小葉は4〜5対あり、披針形で鋭尖頭です。花は淡い紅紫色の5弁花で、葉腋から花茎を出し、先端に集散花序をつけます。

果実は、9〜11月に結実し、初め緑色、熟すと黄色、完熟では茶色になります。 食べごろの果実は、果汁が多くさっぱりとした酸味があり、サラダなどで生食、ジュース、ピクルスや砂糖漬けなどにも利用されます。 シュウ酸を含みますが、通常の摂取量では毒性 ※1はないとされています。
中国では、果実、花、葉などを、解熱、利尿などに用いたとされますが、日本での薬用利用はなかったようです。現在では、葉のエキスが保湿剤として利用されることがあります。

中国名では、楊桃(羊桃)または五歛子と呼ばれています。「 斂 」は、稜のことで、5つの稜がある果実「 子 」 ※2という意味(解釈に他説あり)です。 和名は、この中国名の音読みからつけられています。英名の スターフルーツ star fruit は、輪切りにした果実の断面が星形であることから。 属名 Averrhoa は、人名由来。種小名 carambola は、同種のインド名が欧州に伝わり呼ばれた名称からとされますが、元のインド名の由来は不詳です。

※1 毒性 : 個人差があり、カルシウムの吸収阻害、尿路結石の原因になる可能性もわずかにあるとされる。
※2 果実「子」 : 中国では植物の種子やそれに類似するものを指すときに「子」を使った。 生薬名の例では、クコ(枸杞)の実は枸杞子、ゴボウ(牛蒡)の種子は牛蒡子で、多くは元の植物名+子となる。ゴレンシの場合は、果実(の形状)を指す名前が、植物の名前としても使用されている。 同様のケースでは、サンザシ(山査子)がある。
ゴレンシ スターフルーツ Averrhoa carambola L. 撮影・咲くやこの花館、他


ナガバノゴレンシ 長葉五斂子は、ゴレンシに比べて小葉が長いことからの名前です。ゴレンシとは、複葉の形状、花序の付き方、実の形などが異なります。 まず、複葉は葉軸を中心に小葉の先端を下垂させて12〜3対 ※3が並びます。 花序は直接に幹からでて、花径はゴレンシよりやや大きく15mmほど、花弁は赤色、花冠の先端部では黒味を帯びます。

果実には稜がなく、8cm内外の短いキュウリを思わせる形状で、このことから、英名は cucumber tree キュウリの木。 果実は、酸味が強いため生食には向かず、塩漬けや酸味料として使用されます。
原産地は東アジア(マレーシア付近)とされますが、やはり詳細不明です。 種小名 bilimbi は、地域の呼称 Bilimbi からつけられています。 bilimbi の意味は不明。ナガバノゴレンシの名称は、近年に普及しているもので、過去の書籍では Bilimbi ビリンビの名称で記載しているものもあります。

※3 12〜3対 : この数字は、特定の個体のもので、平均値として正しいといえない。実際にはもっと多いと思われる。

2014.07.04.New
ナガバノゴレンシ 長葉五斂子 Averrhoa bilimbi L. 撮影・つくば実験植物園

このページのトップへ↑