カジノキヒメコウゾコウゾ (クワ科 )

ヒメコウゾは、本州以西から東南アジアに分布する落葉低木で、樹高は3〜5m程になります。 低山の林縁などに自生し、古い時代にはまだ区別をされていなかったカジノキやコウゾとともに、樹皮の繊維を利用されたとみられます。 衣料の材料や、少し時代が下がってからは、和紙の原料のひとつにもされました。シノニムの学名に、Broussonetia kazinoki があり、カジノキとの区別が明確でなかったことを表しています。

葉は互生、質はやや薄く、葉身は10cmほどの卵形から広卵形で、先は長くとがります。同一個体でパターンの異なる葉を持つ異葉性があり、切れ込みのないものから2〜3深裂するものまであります。 葉縁は細かな鈍鋸歯があり、表面には短毛が散生、裏面の葉脈上には密生します。葉柄は短く1cm弱で、若葉のころは短毛が散生します。 花期は4〜5月、雌雄同株で、雄花と雌花を分けてつけます。新しい枝の基部の葉腋に雄花序を、上部の数か所の葉腋に雌花序をつけます。 雄花序は約1cmの花柄頂に、径1cm程の球状となってつき、雌花序は径5mm程の球状から、赤紫色の長さ5mmほどの糸状の花柱を放射状にのばします。 果実は直径1〜1.5cmの偏球形の複合果で、6〜7月に橙色に熟します。

属名の Broussonetia は、人名由来。種小名 monoica は、雌雄同株の の意味です。和名は、カジノキよりも小型であるところから、「姫」が つけられたとみられます。
ヒメコウゾ Broussonetia monoica Hance / syn. B.kazinoki auct.non Siebold 撮影・東京都
カジノキ 梶の木は、陽当りの良い場所を好む雌雄異株の落葉高木です。 葉は互生、対生ともにあり、質はやや厚く、葉身は20cmほどになり、多くは心形で3〜5裂して先がとがり、葉の表面は短毛が密生してザラつきます。 前種同様に異葉性で、卵形で裂けないもの、片側だけ裂ける非対称のものなど、不規則な変異があります。 花期は4〜5月で、雄花序は長さ5、6cmで下垂し、雌株では球形の雌花序をつけ、紅紫色の糸状の花柱が放射状に伸びます。 温暖な地域では、ヒメコウゾより大きな果実をつけます。

種小名 papyrifera は、紙を持った の意味です。樹皮の靭皮繊維を和紙原料としましたが、やや質が劣るため、現在では利用されていないようです。
カジノキ 梶の木 Broussonetia papyrifera (L.) L'Her.ex Vent. 撮影・東京都薬用植物園

コウゾは、和紙の原料として知られますが、利用できるようにするには、枝の伐採、皮をはぎ取りなど、手間のかかるいくつかの作業行程があります。 繊維が長く強靭であることから、ミツマタ同様に重要な原料とされています。

コウゾは、ヒメコウゾとカジノキの交雑種とみられています。葉の質はやや厚く、葉身は広卵形で3〜5裂し、先はとがります。 形態としては、ヒメコウゾに近いタイプ、カジノキに近いタイプがあり、また、それぞれの中間型があるといわれます。 花序の付き方も、ほとんど花をつけないとする説、雌雄異株や雌雄同種があるとする説もあって、特にカジノキとの判別は困難とされます。

2015.12.New
コウゾ Broussonetia x kazinoki Siebold 撮影・小石川植物園、他
このページのトップへ↑