カラスウリキカラスウリオオカラスウリ  (ウリ科)

雌花のガク筒
基部が膨らんでいる
カラスウリは、九州から東北地方南部に普通に見られ、木や塀にからみつきながら、広い範囲につるを伸ばして繁茂します。 普通、種子による繁殖を行いますが、伸びだしたつるの先端が垂れ下がり地面に付くと、そこから地中に潜り、根塊をつけるという繁殖方法も行います。 葉は、ハート型で、3〜5箇所に切れ込みが入り、表裏とも短毛が密生し、表面はザラつきます。

雌雄異株で、葉腋から雌花は通常1個、雄花の場合は数個の花がつきます。ガク筒が6cm内外と長いため、口吻の長いスズメガの仲間が受粉を行います。 花は、夏季の日没後、暗くなってから咲き始め、翌早朝にはしぼんでしまいます。特別珍しいわけでもないのに、開花する時間帯の関係で、観賞の機会に恵まれない花です。 花弁の縁は細く裂け、白いレースを想わせる形状をしています。他のカラスウリ属も同様の特徴を持っていますが、カラスウリが最も繊細な印象を受けます。
若い実は、緑色で白い筋状の模様があります。熟すと5〜7cmになり、独特の朱色になって目立ちます。 中には黄緑色の果肉に包まれた種子が、20個ほど入っています。果肉はヌルヌルしていて、まずいということです。 鳥による播種とされ、カラスが食べるからカラスウリという説もあります。ただ、冬になっても残っているところをみると、あまり人気があるとは言えないようです。
種子はカマキリの頭部に似ていますが、大黒様の打ち出の小槌として、財布に入れておくと財産が貯まるとか・・・。 別名のタマズサは、種子の形を結び文の結び目に見たてた”玉章(タマズサ)”からきています。

秋に地上部は枯れますが、根塊にデンプンを蓄えて越冬します。 昔は、天花粉(テンカフン・・・ベビーパウダー)や民間薬として、根のデンプン質などが利用されました。 現在は大型の種類(キカラスウリなど)が使われ、薬用としての利用価値は認められなくなりました。

2003.08.-2008.08.Re
カラスウリ 別名 タマズサ Trichosanthes cucumeroides Maxim.撮影地:小平市、他


キカラスウリ 生薬名:カロコン(カ楼根・カは、木へんに舌)[局] 用途:漢方薬・製造原料

カラスウリは、朝には萎んでいますが、キカラスウリの花は、みずみずしさはなくなるものの、翌朝まで開いています。 葉は厚みがあり、無毛で光沢があります。果実はカラスウリよりも大きく、丸みを帯び、熟すと橙色になります。雌雄異株で、種子は扁平な楕円形をしています。

キカラスウリは、オオカラスウリと同様に、根(生薬名・カロコン)を、利尿、解熱・口渇などの目的で漢方処方に利用されました。 天花粉(テンカフン)は、これらのカラスウリ属のデンプンを原料としたものです。

カラスウリとキカラスウリは、次の点で見分けられます。
部位\種カラスウリキカラスウリ
短毛あり、ザラつく光沢あり
果実朱色橙色
花冠の縁の裂け方
キカラスウリ Trichosanthes kirilowii Maxim.japonicum Kitam  撮影地:西東京市、他


オオカラスウリ 生薬名:カロコン[局] 用途:漢方薬・製造原料

オオカラスウリは、西日本以西の暖地に分布し、名前の通り花も果実も、前の2種より大きくなります。 葉は、心形で掌状に5〜7裂し、表面には短い剛毛があり、ザラつきます。花冠にも短毛があって目立ちます。
若い果実には斑紋があって、熟すと5〜8cm、朱赤色になります。
生薬名カロコンは、キカラスウリと同じ名前です。



属名 Trichosanthes は、毛の花・・花冠が毛の様に裂けることから。
種小名 cucumeroides は、キュウリに似た。kirilowii は、人名。
変種名 bracteata は、苞葉のあるの意味。

2008.08.-2013.11.Re
オオカラスウリ 撮影・東京都薬用植物園
 Trichosanthes kirilowii Maxim. var. bracteata Voigh.
このページのトップへ