カタバミアカカタバミウスアカカタバミカントウミヤマカタバミ (カタバミ属)
オッタチカタバミムラサキカタバミイモカタバミ

日本に分布するカタバミ科の植物は、草本のカタバミ属だけで、いくつか帰化している種も同じ属に分類されるものばかりです。 葉は、いずれも小葉3枚からなる複葉で、小葉は、葉柄を中心に3方に広がります。先端は切形で中央が凹んだ形、或は、幅広の倒心形をしています。 普通、こうした3出複葉は、側小葉と頂小葉で構成されますが、カタバミの場合は、その区別が難しい形をしています。 また、カタバミは、いわゆる就眠運動を行います。昼間は葉を広げ、夜間には葉を閉じる、この姿が片方の葉が欠けて見えるとして、カタバミ(片喰)の名前になったとされています。
花は、ガク片 5枚、花弁 5枚、雄しべ 10本、子房は5心皮で5室になります。山地の林床の種類を除くと、どこにでも生えるたくましい草で、往々にして害草扱いを受けます。 全体に、特に葉の裏面には細毛があります。カタバミ科には、シュウ酸が含まれていますが、シュウ酸の oxalic acid という名前は、最初に Oxalis から取り出されたことによります。 なお、Oxalis は、酸っぱいを意味する oxys に由来します。
カタバミ (酢漿草・片喰・傍喰など)

カタバミは、日本全土の道端などに見られる多年草です。繁殖力が強く、生長期間は周年、花期も長く、春から秋まで花を咲かせます。 茎は、根際で分岐して匍匐茎で周囲に広がり、匍匐茎の節から根を出す栄養繁殖も行います。小葉は幅の広いハート形、匍匐茎に互生し、葉柄の基部には2枚の托葉があります。
花茎は直立して、先端に黄色の花を5個前後咲かせます。果実は、円柱状で先が尖り縦筋(5つの稜)があり、上を向いてつきます。 成熟した実は、物理的な刺激があると稜の部分が縦に裂け、隙間から赤い種子をはじき飛ばします。種小名 corniculata は、「小角状の」の意味。

カタバミは、酢漿草(サクショウソウ ※1)という生薬名があり、ネット上では効能の記述も散見しますが、効果は不明(確認していない)です。 民間薬の領域で、外用についても同様です。 別名 スイモノグサ(酸物草)は、葉を噛むと酸味があることから。この酸味はシュウ酸 ※2によるもので、生の葉は食用には不適当です。 ヤマトシジミ Pseudozizeeria maha の幼虫が食草としていることでも知られています。どこにでもある草のお陰で、ヤマトシジミもどこでも見られます。

※1 サクショウソウ : 消炎、下痢止めなどの作用があるとか、生葉の絞り汁を虫さされに使うとするが、詳細不明。
※2 シュウ酸 : 毒物。少量では問題ないが、摂取量が多い場合、カルシウム吸収阻害、尿路結石の原因になるとされる。
カタバミ 酢漿草 Oxalis corniculata L. syn. Xanthoxalis corniculata (L.) Small

カタバミには、2つの品種があります。 アカカタバミ Oxalis corniculata f.rubrifolia は、やや小型の葉をもち、色は茎と同様の赤茶色をしています。花冠の内側は、一部分が赤くなって輪を描きます。 ウスアカカタバミ f.atropurpurea は、葉の色がカタバミとアカカタバミとの中間的な品種です。 2種は道路際で見ることが多いことから、排気ガスなどの環境汚染に強いタイプとみられています。

品種名 rubrifolia は、赤い葉の、atropurpurea は、atro 暗黒の+purpurea 紫色の の意味です。
他に、茎の立ち上がるタイプを タチカタバミ Oxalis corniculata f.erecta とする説もありましたが、近年は、生育環境による個体差とする見方になっているようです。
ウスアカカタバミ Oxalis corniculata f.atropurpurea  アカカタバミ Oxalis corniculata f.rubrifolia

カントウミヤマカタバミ

カントウミヤマカタバミは、関東地方南部から東海地方にかけて分布します。山地の林床に生育し、日陰や、やや湿気のあるところで良く見られます。 本州からヒマラヤまで広く分布するミヤマカタバミ Oxalis griffithii の変種にあたります。

3〜5月ごろに、母種によく似た白い花を咲かせ、雌しべの柱頭は5裂します。果実は、ミヤマカタバミよりも、ずんぐりとした小さな卵球形です。 ミヤマカタバミに比べると、葉裏のねた軟毛(屈毛)の密生度が少なく、葉脈も目立たなくなっています。種小名 griffithii は、人名由来、変種名 kantoensis 関東地方の。
カントウミヤマカタバミ 撮影:東京都
Oxalis griffithii Edgew.et Hook.f.
var.kantoensis (Terao) T.Shimizu
葉脈 ミヤマカタバミ/カントウミヤマカタバミ


以下は、帰化種です
オッタチカタバミ (おっ立ち片喰)

北米原産のオッタチカタバミは、繁殖力が強く、日本では50年程前に見つかりました。以後、範囲を拡大して、現在では関東以西の各地で見られます。 地上茎が縦(垂直)に伸びるところが、カタバミのタチカタバミと呼ばれる形態に似ています。花も葉も似ていることからカタバミと混同されることもあります。
相違点としては、カタバミの葉にある托葉が、オッタチカタバミではハッキリしない点があげられます。果実の柄がやや長く、斜めに下がりながら広がるところも判断基準になります。 また、カタバミは匍匐する地上茎から葉がでるのに対し、オッタチカタバミは、地下の浅い部分で地下茎を水平に伸ばし、地下茎から何か所も茎を立ちあげる点が異なります。 種小名 stricta は、直立の。
オッタチカタバミ (おっ立ち片喰) Oxalis stricta syn.Oxalis dillenii 撮影・東京都

ムラサキカタバミ (紫片喰)

南米原産のムラサキカタバミは、江戸時代末期に日本に導入されました。 愛らしい紫色の花は、当初は観賞用でしたが、強い繁殖力があることから、今では広範囲に帰化しています。

葉柄は、地下の鱗茎から直接出て、葉は倒心形の3小葉、葉の裏には橙色の点が散在します。細毛は、葉の表面にはなく、葉の裏には屈毛が、茎には開出毛があります。 花期の草丈は、20〜30cm、通常6〜7月に(状況によっては周年)、鱗茎から直接出る花柄の先に、ピンク色の花を散形花序につけます。葯は白色、両性花ですが、花粉は不稔、温帯では結実しないとされています。
繁殖は、種子によらず、鱗茎の周囲につく小さな鱗茎によって行われます。この小さな鱗茎は掘り出す際、親株から簡単にこぼれ落ち、全てを取り去ることは困難です。 耕作地に入ると駆除ができない害草となるため、環境省により要注意外来生物 ※3に指定されています。種小名 corymbosa 散房花のある。
ムラサキカタバミ Oxalis corymbosa DC.
syn. Oxalis debilis var.corymbosa
シノニム種小名 debilis は、弱小な、軟弱なの意味。原産地と日本では強さが違うようです(由来未確認)

※3 要注意外来生物 :  外来生物法の規制対象の特定外来生物ではないが、逸出を起こさない適切な方法で管理する必要があるとされる。 同じ環境の在来種を駆逐する恐れがある種。詳しくは、環境省:要注意外来生物

イモカタバミ (芋片喰)

イモカタバミ(芋片喰)の名前は、根の上部に芋状の塊茎を作ることから。種小名 articulata は「節目のある」という意味で、別名 フシネハナカタバミ(節根花片喰)ともいわれます。 南米原産、日本へは、戦後に入ってきたとされ、やはり帰化をしていますが、まだ、ムラサキカタバミ程の広がりはないようです。

ムラサキカタバミ同様に、葉や花柄は根茎から生えます。違いは、花の色が濃く、花弁の先端部より、基部の方が色が濃く、雄しべの葯は黄色という点があります。 花期は、春から秋の初めまでと長く、ムラサキカタバミよりも多くの花をつけます。花壇の縁どりなどで利用されることもありますが、すでに野生化しているため、園芸店に並ぶことはないようです。 種小名 articulata は、節目のある。なお、似ている種にベニカタバミがあります。
イモカタバミ Oxalis articulata
2014.07.14.New

このページのトップへ↑