ケンポナシ クロウメモドキ科

ケンポナシは、東アジアの温帯地域に分布して、日本では主に本州から九州まで自生する落葉高木です。 まとまって生えることない点生型の樹木あるため、分布域が広い割に見かけることが少ないとされます。
葉は、広卵形でまばらに小鋸歯があり、縁が波打つこともあります。基本的には互生ですが、ときとしてコクサギ型葉序 ※1にもなる変則型の互生です。 花期は初夏、枝先に白〜淡緑色の小花を多数咲かせます。花はガク片、花弁、雄しべとも5個からなり、いずれも外側に反り返ります。花弁とみえるのはガク片で、花弁は小さく、雄しべと重なって、両縁を内側に巻き、花糸を包み込みます。 雌しべは1つ、柱頭は3裂し、子房は3室に分かれます。

※1 コクサギ型葉序 : 互生の葉序は、1枚ごとに左右に互い違いにつくが、コクサギ(ミカン科)は、2枚ごとに互生し、このタイプの互生をコクサギ型葉序という。
ケンポナシ Hovenia dulcis Thunb. 撮影・小石川植物園、他
果実は7〜8mmの球形で秋に熟しますが、果肉と呼べるものはなく円盤状の艶やかな核果が3個入っています。果実が熟すころ、果軸が肥大して甘くなり、食べることができます。 晩秋には、花序の枝ごと落ちるので、ドライフルーツ状の果軸をまとめて拾うことができます。英名 Japanese raisin tree の通り、この時期の果軸は干しブドウ風味になります。
落下した果軸は、たぬきなどのエサになります。ケンポナシの種子散布は、鳥ではなく哺乳類が担っています。果軸と一緒に果実も飲み込まれ、硬い種皮に覆われた種子はそのまま排泄され散布されます。

葉には味覚就職物質が含まれていて、甘みを一時的に感じなくします。ただ、試してみましたが、同じクロウメモドキ科のナツメと違い、そのまま葉を噛むだけでは、効きめを実感できませんでした。 その他に、口臭除去などの効果がある成分も含まれ、こちらはすでにチューインガムなどで商業的にも使用されています。
和名は、太くなった果軸を手棒(てんぼう ※2) に見立てて、また果軸が梨の味であることから、手棒梨、転訛して ケンポナシになったとされます。他に、玄圃梨(ケンポナシ) ※3とするものもあります。 属名 Hovenia は、人名由来。種小名 dulcis は、甘味のある の意味。

※2 手棒 : (1)て−ぼ・手に持った棒のこと。(2)てんぼう・事故や病気て指を失った手、またはその人をさす差別的表現。
テンボナシという地方名もあり、「てんぼう」からきているとする牧野富太郎博士の見解が定説となっている。中国でも類似する語の名称がある。他に、ケンポノナシ、ケンポコナシ、テンポコなどの地方名もある。

※3 玄圃梨 : 玄圃(ゲンポ)は、中国で仙人が住むとされる地名。時代が下がって音を当てて創作したものとみられる。

2014.07.25.New-2015.02.15.Re
このページのトップへ