キンミズヒキ  バラ科

キンミズヒキ 生薬名:リュウゲソウ( 龍牙草 ) 用途:民間薬
キンミズヒキは、北海道から九州までの草地などにみられる多年草です。全体に毛が多く、枝は数本に分岐して草丈は50〜100cm程度になります。 葉は奇数羽状複葉で互生、葉柄の基部には托葉がつきます。小葉は楕円形で縁には鈍い鋸歯があり、サイズは不ぞろいで大きなバラつきがあります。

花期は7〜10月、茎頂に細長い穂状の総状花序をつけ、黄色い小花を多数つけます。花弁は5枚、ガク片も5枚、おしべは12本前後で、子房はガク筒に包まれます。 ガク筒の縁には内側に曲がった柔らかい刺があり、秋にできる円錐状のさく果にもそのまま残ります。いわゆる「ひっつき虫」で、ガク筒の刺で衣服や動物の毛にまとわりついて繁殖域を拡げます。

開花期の全草を粗く刻んで乾燥したものが、生薬・龍牙草になります。タンニンを多く含み、民間薬として収斂性の止血、下痢止め、消炎剤として利用しました。 生薬名は、白い芽の姿を龍の牙に例えた漢名から。
和名は、細長い花穂の様子を、金色の水引きに見立てたもの。 属名 Agrimonia は、花に刺の多いことが似ているとして argemone (アザミゲシ属)を転用した際、綴りを間違えたとされます。種小名 pilosa は、軟毛のある、毛で被われた の意味。

 龍の牙 : 果実周囲のかぎ状の刺を龍の牙に見立てたとする説もある。

なお、タデ科にもミズヒキという名前の植物がありますが、そちらは紅白の水引に見立てたネーミング。

2006.08.New-2012.10.Re-2015.02.16.Re
キンミズヒキ Agrimonia pilosa var.japonica 撮影・青梅市など
このページのトップへ↑