クリ 栗 (ブナ科)

クリ は北海道南部から九州に分布する落葉高木で、里山の雑木林などに自生します。 日本自生のクリ属は、シバグリやニホングリと呼ばれる果実の小さい1種だけで、この野生種から果実が大粒の栽培品種が作られました。 昔は重要な食料のひとつで、保存食ともされました。ブナ科の果実(堅果)は、ドングリの総称で呼ばれますが、クリの堅果は「クリ」と呼ばれ、他のドングリと区別をされてきました。

葉身は長さ15cmほどになる長楕円形で、葉縁には先が針状の鋸歯があり、表面には艶があります。 葉は、同じブナ科のクヌギによく似ていますが、クヌギの鋸歯の先端が、褐色を帯びるのに対し、クリは明らかに緑色である点が異なります。
花期は5〜6月、新しい枝の葉腋に、長さ15〜20cmの尾状の花序をつけます。雌雄異花で、風媒花の多いブナ科にあって、クリは虫媒花になっています。 雄花は花被片6、雄しべは10個前後あり、花序のほとんどを多数の雄花が占め、淡黄白色の紐状になります。
クリ Castanea crenata Siebold et Zucc.撮影・埼玉県、他
雌花は、花序の基部付近に1個つき、針状の総苞片に包まれます。画像左側は、花序の基部につく雌花で、中央の画像には、緑色のいがの頭頂部に、白い針状の柱頭がみられます。 普通3個の子房があって、秋に実が熟すと、イガの殻斗(かくと)が裂開して、堅果が現れます。

殻斗 : 苞葉が集まって作る椀状または球状の器官のこと。 ドングリの帽子やクリのイガが、それにあたり、殻斗のある果実を、殻斗果ともいいます。
昔の保存食は、現在では、和菓子の栗ようかんなど、また季節感のある栗ご飯などでも楽しまれています。 食用以外には、材が良質で、腐りにくいことから、建材や鉄道の枕木などに利用されました。また皮をなめすための、タンニンをとったり、民間薬の領域では、葉、イガ、樹皮の煎液を、接触性皮膚炎の塗布剤として使用しました。

和名の由来は、皮が黒いので クロミ ( 黒実 )から転訛したとする説があります。他には、クルクル回るので、クルからクリになったなどの諸説があります。 漢字の栗は、中国産のクリを指す漢字の転用。属名 Castanea は、ギリシャ語由来のクリの古代ラテン名 castana より。種小名 crenata は、crenatus (イガを指しているとみられる)丸くて鋸歯のある の意味です。

クリ にはいくつかの変種がありますが、そのひとつに トゲナシグリ があります。 クリの特徴ともいえるイガのトゲが短くなっている変種です。種小名 sakyacephala は、釈迦の頭の、仏頭に似た の意味です。

2015.11.New
トゲナシグリ
C.crenata f.sakyacephala (Makino) Sugim.

このページのトップへ↑