マグワヤマグワ (クワ科 )

マグワ 生薬名:ソウハクヒ(桑白皮 ) [ 局 ] 用途:漢方薬、葉・養蚕、果実・食用

マグワは中国原産で、養蚕用に導入された落葉高木です。 畑地では桑葉をとるために剪定されていますが、自然に成長すれば樹高は10mを超えます。 葉は対生し、楕円形や広卵形、3裂するものなど多様な形があり、先は尖ります。質はやや薄く、表面は艶があり、縁には粗い鋸歯があります。普通は雌雄異株で、4〜5月に新しい枝の葉腋に花序をつけます。 雄花は雄しべ4本で、雄花序は多数の花をつけ長さ5cm前後になって垂れ下がります。雌花は短い花柱の先が2裂して、白い2つの柱頭になり、やはり多数の雌花が集まって1cm程の花序を構成します。

果実は柔らかい粒の複合果 ※1で楕円体になり、初め赤く熟すと黒くなり、生食やジャムに加工ができます。 やや未熟な果実は、果実酒に利用されます。また葉は桑茶として、飲用されています。
薬用には根の皮を使用し、生薬名を桑白皮(ソウハクヒ)といいます。消炎、利尿、鎮咳去痰、血糖降下作用があり、清肺湯などの漢方処方に配合されます。

※1 複合果 : 多くの花が集まってできる果実が、全体でひとつの果実のように見えるものをいう。 同じように見えるもので、ひとつの花に多数の子房があるキイチゴなどは集合果という。

和名は、いずれも蚕に関係する蚕葉(コハ)や食葉(クハ)などからの転訛とされます。属名 Morus は、果実の色である黒を意味する言葉からつけられたとみられるクワの古名由来。種小名 alba は、白色の。

桑の持つ特徴ある成分として、ブドウ糖の類似物質 1-deoxynojirimycin デオキシノジリマイシン (以降 DNJ と略)があげられます。DNJは小腸で糖分を分解する酵素 α-グルコシダーゼ に結合し、その活性を阻害する作用があります。 動物は摂取した成分を腸から吸収して栄養としますが、デンプン、砂糖、オリゴ糖などの分子量の大きな糖質は、そのままでは吸収することができません。 大きな糖質は、糖分解酵素の働きによって、小さな単糖類 グルコース(ブドウ糖)まで分解されて、初めて吸収できるようになります。この α-グルコシダーゼ という糖分解酵素は、多くの昆虫の糖分解にも関与しています。 そうした昆虫(幼虫)は桑の葉を食べても、DNJの影響で十分な栄養価が得られないことになります。

ところが、カイコやクワメイガの種類は、別の糖分解酵素 β-フルクトフラノシダーゼ ※2を持っています。 この酵素はDNJに影響されない特性があり、これにより、カイコの仲間は桑の葉を食餌として独占できる立場を獲得したとみることができます

※2 β-フルクトフラノシダーゼ : カイコの持つ酵素は、細菌から得たとされている。 通常、遺伝子は親から子へと受け継がれるが、時として他の生物から、たとえば、体内にいる細菌から受け継ぐケースなどがあると考えられている。 これを遺伝子の水平伝播(または水平転移)という。カイコのβ-フルクトフラノシダーゼは、水平伝播で獲得したとみられている。
マグワ別名 カラグワ Morus alba L.撮影・東京都薬用植物園

ヤマグワ 生薬名:*** 用途:養蚕、茶材、果実・食用

ヤマグワは、日本の山野にも自生し、樹高はマグワよりも小さく8m程度とされています。 過去には、マグワと同様に、養蚕用に栽培されたこともありました。また、生薬・桑白皮の基原植物のひとつとされていました。現在、国内での桑白皮の生産は行われておらず、中国からマグワ基原のものが輸入されています。 ヤマグワ基原のものが流通していないため、実情に合わせるとして、日本薬局方でも桑白皮の基原植物から除外されています。

葉は、異葉性 ※3で楕円形から心形に近いものなどがあります。 葉先が長く尖る傾向が指摘されますが、個体差もあり、葉だけでマグワとヤマグワを分類するのは難しいとされます。 2種を比較し易い箇所は、雌花の花柱で、ヤマグワは明らかに花柱が長く、果実が熟した後も2〜3mmのひも状の花柱痕が残ります。 普通は雌雄異株ですが、まれに同株もあります。
※3 異葉性 : 同一個体で変異が著しく、パターンの異なる葉を持つ性質。 異葉性植物には、ヒメコウゾやカクレミノなどがあり、進化の過程とする説もある。

ヤマグワの種小名 bombycis は、ギリシャ語のカイコに由来します。桑といえば蚕なので、カイコのマユと幼虫を載せました。 幼虫は、苦手な人もいるので、裏に隠しました。マウスポインタを置くと見られます。

2005.01.New-2013.02.-2015.02.18.Re
ヤマグワ Morus bombycis撮影・東京都薬用植物園、他
このページのトップへ↑